Get Social With Us

犬の花粉症

最近愛犬が身体を痒がる、よく掻いている。
もしかしたら花粉症かもしれません。

犬の花粉症、主な症状は皮膚炎です。
皮膚が赤い、皮膚を痒がる、皮膚を引っ掻くことにより毛が抜けてしまう。
ほかのアレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎と症状はほとんど同じです。
中には涙やくしゃみ鼻水といった症状も見受けられます。

犬は全身を被毛で覆われているため、外部からの刺激に強いように思われますが、人間に比べ皮膚は薄く弱いため、外部からのアレルゲン(花粉、菌、ハウスダストなど)によるダメージを受けやすく非常にデリケートなんです。

対策
『こまめにシャンプーをする』
『散歩は花粉が多く飛散している早朝を避ける』
『散歩など外出時には、洋服などで身体への花粉の付着を防ぐ』
『散歩後、身体に付着した花粉をブラッシングやタオルで拭き取り、落とす』

症状が酷い場合には獣医師の診断の元、内服薬などを服用することもあります。
辛い花粉の季節、愛犬が快適に過ごせるよう、こまめなケアをしてあげましょう。