Get Social With Us

肛門腺のケア

肛門腺とは肛門近くにある臭腺から出る分泌液のことで、肛門嚢と呼ばれる臭い袋に溜まっています。

たいていの場合は、排便のときの刺激によって絞り出されますが、それがスムーズに行かない場合にはどんどん溜まってしまうため定期的に絞ってあげないといけません。
放っておく肛門嚢が細菌感染を起こし、『肛門腺炎』『肛門腺腫瘍』などといった病気を引き起こす原因になってしまいます。また、溜まりすぎると肛門嚢が破裂してしまう場合もあります。
お尻を地面にこすりつけたり、気にして舐めるようになるのは肛門腺が溜まってきた合図ですので、絞ってあげるようにしましょう。
肛門腺の絞り方は、まず片手で尻尾をまっすぐ上に持ち上げ、もう一歩の手でティッシュを何枚か重ねて持った上から肛門をつまみます。
4時と8時の位置から中心に向かって下から上へ圧を加えることによって分泌液を出すことができます。
分泌液は錆びた鉄のような強い臭いがしますので、周りに飛びちらないよう十分に注意してください。
なかなかコツがつかめない場合には、トリマーや獣医師に相談してみてください。