Get Social With Us

離れていても一緒

青山ケンネルスクールのテリア専科にご参加した、土田 瑞穂さん。
講習会が始まる時には卒業という形になりました。
土田さんは宮城県から上京して通学して、卒業後は故郷の仙台に帰ることになっていましたので、この講習会の参加日には、毎回仙台からの遠距離通学だったのです。
それでも、この技術を体験・経験したいとの熱心さは消えずご参加されました。
初めての経験で、中々抜けない所もあり抜き方が悪かったのかと思いました。
こういう毛質によって色々なパターンがあるのか分からなかった。
いろいろ初めてなことばかりで難しく思いました。ただ、それぞれの犬により抜け方が違い、その犬にあった抜き方のトリミングが必要な事を実感し、スタンダードの理解と大事さも理解したのは良かったです。
・プラッキングを行なうにあたり、ハサミとは違った道具でしたが使い方等は慣れましたか?
ナイフと指とで使い分けができるようになると良いと思います。細かい所は指の方がやりやすいですし、犬にも負担をかけないのが一番ですからその点は分かりました。
そして、大まかな部分はナイフが必要で、回数をこなしていくうちに慣れてきました。
・今後、土田さんの将来の夢などあれば教えてください。
それぞれの犬にあったトリミングを心がけて、飼主の方の生活にあったトリミングができるようになりたいです。
いつでも、どんな時でも、優しい性格な土田さん。
犬に接する時の優しい姿は犬に大きな影響となり、犬が自然と信頼していっています。
いつかは、開業を目指してご自身の思い描くお店を作って欲しいと、離れていても青山ケンネルスクールは応援して行きます。
(平成24年12月18日 取材)