Get Social With Us

命と向き合う仕事、介護士そしてトリマー。大変だからこそやりがいがある。

仕事との両立で学べる場所

今回は介護士として働きながら、集中制ドッグビジネス科(10ヶ月)に通われている、長谷部優子さんをご紹介します。

介護士と聞くと、『体力勝負の大変な仕事』というイメージがありますが、長谷部さんは現在お仕事と両立しながら、週に3日通われています。青山ケンネルスクールを選ばれたのは、

長期のお休みや文化祭などのイベントがなく、働きながら短期間に犬の事だけを学べ、また一人一頭完全仕上げだからです。青山ケンネルスクールには、総合制集中制フリータイム制の3種類の通い方があります。コースの選択で迷われている方は、長谷部さんの通い方も、是非参考にしていただければと思います。

必要なことは、体力・冷静さ・柔軟な対応

介護士として働く前は、長谷部さんはアパレル業界で働かれていました。インポートファッションや、ジュエリーの販売をし、エリアマネージャーを務めるほどに。接客のときは、普段とスイッチが切り替わるとのことでしたが、授業での長谷部さんは明るく気さくでお話が上手なので、長年接客業をされていたのも頷けます。

その後、介護福祉士の資格を見事取得し、介護業界に転職。現在は介護士として、夜勤で働いていらっしゃいます。週に2日、一度の勤務で16時間働くそうです。

「介護士として必要なことは何ですか?」そう聞くと長谷部さんは、「体力はもちろんそうですが、慌てない冷静さや理性的であることも必要です」とお話してくれました。

時には利用者の方と意思の疎通ができず、心無い言葉を言われることもあります。夜間、医師や看護士がいない中、急変した方の緊急対応に当たることもあります。利用者の方には、いろいろな方がいて、人それぞれに柔軟に対応することが介護士には求められます。

意思の疎通ができない人には、時には遠くから見守ることも必要だそうです。急変時に、医師に連絡したり、救急車を呼んだりという対応も、慌てず冷静に行わなければいけません。

犬と向き合うことの難しさ

愛犬のレオくん

長谷部さんがトリマーを目指したのは、愛犬のシーズー、ダイちゃんとレオちゃんを、自分でトリミングしたいという気持ちがきっかけでした。そこから好きなことを仕事にしたいという思いになり、トリマーへの道を志されました。

 

青山ケンネルスクールに通い始めるまでは、犬をカットすることは簡単に思えたそうです。

でも実際に始めてみると、カット以前に、まず犬の保定(犬が動かないように体を固定したり支えたりすること)が難しいと長谷部さんは感じました。人の美容師さんと違って、思うように犬が動いてくれないことも多いです。そんな時、生徒さんによっては、ついつい犬を力で押さえて、動く犬に苛立ってしまうこともあります。そしてそれによって、ほとんどの場合、犬はより一層動いてしまいます。

犬が何を嫌がり怖がっているのか、どうすれば犬が安心して身を任せてくれるのか、それぞれの犬に合わせて判断し、柔軟に対応する必要があるのです。

介護の仕事で必要なこと、体力・冷静さ・柔軟な対応はトリマーにとっても必要なことです。

犬は言葉を話せません。だからこそしっかりと向き合って、冷静に犬を観察し、犬の気持ちや状態に気づくことが大切です。トリマーは、犬の体中に触れます。だから犬と接する中で、しこりに気づいたりして病気に気づくことがあります。飼い主が発見できなかったことにも、気が付くことができるのです。

魅力を引き出してあげられるようなトリマーになりたい!

現在長谷部さんは、実技テストB級(バリカンを使ったカットでのテスト)に向けて日々猛特訓中です。

 

最大の課題は、時間がかかってしまうこと。最近はタイマー持参で、時間を細かく決めて、計りながらトリミングをしています。

最近受けたペットカット学の講義は、先生がカットするのを最初から最後まで、細かい解説付きで見られるため、大変勉強になったそうです。

 

実技の授業中も、積極的に質問をしている長谷部さん。「授業中はいつも必死です。そして学び、発見の繰り返しです。」そう話す長谷部さんの目はとても真剣でした。長谷部さんからこのお話を聞いているとき、大変だけど楽しいという気持ちがとても伝わってきました。

シーズーやパグなどのいわゆる鼻ぺちゃ犬が好きな長谷部さんですが、授業ではいろんな種類の犬に会えるのも、楽しみの一つだそうです。

卒業後は、トリミングサロンで何年か働いて、将来的には開業も視野に入れたいとおっしゃっていました。長谷部さんの受講コースはドッグビジネス科ですので、マーケティングやトレーニングを始め、開業に向けて様々なことを学ぶことができます。

最後にどんなトリマーになりたいか聞いてみると「その子その子の魅力を引き出してあげられるようなトリマーになりたい」と、長谷部さんらしい素敵な答えが返ってきました。介護士としてその人その人に寄り添ってあげられる長谷部さんなら、きっと目標のトリマーになれることでしょう。

 

青山ケンネルスクールでは、働きながらでも通えるコースをご用意しています。是非一度、私達にあなたの『トリマーの夢』を聞かせてくれませんか?

次回のスクール説明会は、

2018年11月16日(金)東京校
2018年11月17日(土)横浜戸塚校

です。お待ちしております。

スクール説明会は、青山ケンネルスクール東京校(東急田園都市線 池尻大橋駅)と青山ケンネルスクール横浜戸塚校(東海道本線 戸塚駅)で行っております。
「日時を相談する」で個別相談できます。メールや電話、line@でもご相談は可能ですよ。
体験セミナー(1時間程度)に参加する場合にはチェックをしてください。尚、授業風景をご覧いただきながら行いますので、ご希望の方は[11:00の部][13:00の部]にご参加ください。
説明会では、お一人お一人に合わせたご説明を行なっております。事前に案内書資料をご覧いただいておりますと、より詳しいご相談ができますのでオススメです。