Get Social With Us

ソフトボール/ダンサー/キックボクシング スポーツ女子からトリマーへ

ソフトボール/ダンサー/キックボクシング スポーツ女子からトリマーへ

今回は集中制トリミング科6ヶ月コースに通われている竹内里美さんをご紹介いたします。東京都ご出身の竹内さんは、小学校の頃からシュナウザーを飼い、子供の頃の夢はドルフィントレーナーという動物好きの方です。現在は11歳のMIXベル君、12歳のパピヨンダンゴちゃん2頭の愛犬家です。

スポーツの経歴が素晴らしい竹内さん。小学・中学・高校・その後肩の怪我で引退するまで、ソフトボールに青春を捧げてきました。鬼のような厳しい練習に耐えた竹内さんは、強靭な精神力を養うことができたそうです。その後、ある出会いからダンスに没頭されます。ヒップホップやR&Bのダンサーとして10年間過ごされました。10年間続けると中間管理職の立場になり、後輩の将来も考え、違う世界に自分は進むべきと決断されたそうです。ひとますジムで体を動かそうと、元々見るのが好きだったキックボクシングを習い始めた竹内さん。少し本格的なジムだった為、初心者クラスから始めたはずが、持ち前の運動神経で能力を発揮し、気付けばセミプロの試合にも出場するレベルになっていたそうです。明るい性格から、お客さんの立場からスタッフになり、キッズクラスを担当するまでに。週3回キックボクシングを子供達に教え、夜の飲食店でのバイトと掛け持ちをしていたそうです。飲食のバイト帰りが正午前という昼夜逆転した生活の中、いつも前を通る度に気になっていたのが青山ケンネルスクールでした。たまたまバイト先のお客さんの知り合いが、青山ケンネルスクールの生徒さんだったそうです。その方に話を聞き、2年制の専門学校ではないこと、自分に合ったコースを自分で選べること、仕事をしながらでも通えることを知りました。ある日、友人たちと子供の頃の将来の夢の話になったそうです。竹内さんは昔、映画の中に出ていたシャチを見たのがきっかけで、ドルフィントレーナーに憧れていたそうです。30代半ばで友人たちは夢を実現している、自分だけ違うことをしていることに気づきハッとしたそうです。「動物業界に進まなければ!!」と。まず興味を持ったのは、ドッグトレーナー。トレーナー=盲導犬が頭に浮かび、犬を叱ったり、厳しいイメージがあったそうです。色々調べ、様々な資格の勉強を始めます。ペット看護師、ペット介護士、ペットセラピストの資格を取りながら、1年ほど悩んだそうです。しつけは自分でも調べれば学べる、犬に対して怒るより、犬を綺麗にするトリマーに興味を持ったそうです。多くの犬に触れたり、色んな性格の子に会えるのはトリマーという職業ではないかと。決断してからのスピードが早い竹内さん。青山ケンネルスクールの資料請求をし、説明会などに参加せずに申し込み手続きの問い合わせをしたそうです。今まで前を通って気になり続けていたスクール、色んな学校と比較せずに自分の勘を信じて決断されたそうです。昼夜逆転生活を戻し、実家に戻り、環境を整えて晴れて今年8月から通学を開始されました。決断を後押ししたのは、直感を信じるお母様だったそうです。今までの経緯を伺って、人生の岐路で判断してきたこの決断力はお母様譲りなのだと感じました。毎日愛犬に野菜と牛すじの煮込みスープを作ってくれる愛情深いお母様、素敵な親子ですね。

ザクザクカットから綺麗な面の揃うカットへ 楽しみながら実践あるのみ

実際に通い始めると、生徒の皆さんが壁と感じる毛量の多い人形のブラッシングやカットの練習、生体練習に入ってすぐの爪切りや、耳毛抜き、肛門腺絞りも怖さは感じなかったそうです。ご自身の愛犬で爪のお手入れをしていたこともあり、とにかく実技も講義も楽しくて仕方ないと話してくれました。「はじめの頃はうまくカットができず、ザクザクとハサミの跡が残ってしまっても、授業を進めるうちにカットした面を綺麗に揃えることが出来るようになるのが嬉しい」と上達が目に見えて実感できるのもやる気アップの秘訣ですね。あとは何と言っても、竹内さん自身の明るさ、今まで培ってきた体力・精神力で全てをプラスに捉える魅力溢れる方だと感じました。

培ってきたものは裏切らない 目指せ海外で働くトリマーへ 全力投球

卒業後は一旦就職をお考えです。そして将来海外で働くのが夢とのこと。トリマーを目指す以前にハワイに旅行で行った際、たまたまトリミングサロンを見たそうです。素人目から見てもザクザクなカットを大きな黒人の方がしていたそうです。(ただ、ドレットは上手だったとか。)また、シンガポールではトリミングサロンの多さに驚いたそうです。入学前に再度、同じハワイのトリミングサロンを見に行くとやはりザクザク。。。ただハワイの日本人経営のサロンは綺麗にカットをしていて、人気店なのか行列も出来ていたそうです。そこで、日本人の手先の器用さが誇れる職業なのだと、より闘志を燃やしたそうです。
現在バリカンを併用したカットの実技テストに入った竹内さん。目の前のテスト合格の新たな目標に果敢に挑戦されています。その後は全てハサミ仕上げの最終テストに向けて、強靭な精神力で乗り越えてくれるでしょう。
8年間続けてきたキックボクシングは、最後の試合が12月に控えています。その後は2月のスクール卒業に向けて、一直線です。そんなエネルギー溢れる竹内さんのお手伝いをしていきたいと思います。

皆さんもどこかにしまっていた、小さな夢に闘志を燃やしてみませんか?

次回のスクール説明会は、

2019年03月19日(火) 16:00〜 東京校
2019年03月23日(土) 11:00〜 東京校

です。お待ちしております。

スクール説明会は、青山ケンネルスクール東京校(東急田園都市線 池尻大橋駅)と青山ケンネルスクール横浜戸塚校(東海道本線 戸塚駅)で行っております。
「日時を相談する」で個別相談できます。メールや電話、line@でもご相談は可能ですよ。
体験セミナー(1時間程度)に参加する場合にはチェックをしてください。尚、授業風景をご覧いただきながら行いますので、ご希望の方は[11:00の部][13:00の部]にご参加ください。
説明会では、お一人お一人に合わせたご説明を行なっております。事前に案内書資料をご覧いただいておりますと、より詳しいご相談ができますのでオススメです。