trimming

仕事の選択 好きなこと・嫌いなこと

好きなことを仕事にしているのは3人に1人

「自分の好きなことを仕事にしたい」そのように思ったことはありますか?

内閣府の調査によると、若者が仕事を選ぶ理由として「自分の好きなことができる」が90%であるという結果が出ています。ところが、実際には仕事に就いている人で自分の好きなことができる仕事に就いているのは32.5%と、約3人に1人なのだそうです。(平成24年版子ども・若者白書より)収入が多い仕事、安定している仕事が求められる中、葛藤の末に好きな仕事への一歩を踏み出した生徒さんのご紹介です。 (さらに…)

Read More
ストーン

将来のライフワーク

娘の一言

小学5年生の娘が「ペットショップで働きたいな」と言った一言で石田さんのトリマーへの扉が開きました。
何気ない娘との会話の中で出た言葉。石田さんは不動産関係のお仕事をご主人と経営しています。比較的時間に余裕があり今の仕事と平衡しながら何か家で出来る仕事はないかな?と調べていた時にたまたま会話に出てきた娘の発したキーワード。「ペットショップで働きたいな」トリマーを目指したきっかけはこの一言でした。 (さらに…)

Read More

第12回「カタログ販売」でピンチをチャンスに

第4部「独立開業」の時がきた

勤めていた青山ケンネル株式会社は、その後も発展を続けていました。折しも日本はバブル経済のピークに向かう右肩上がりの時代。あらゆる分野で“国際化”が叫ばれ、愛犬業界も例外ではありませんでした。愛犬家に向けた情報誌『TO YOU』を発行しながら、イギリスやオーストラリア、韓国と海外視察を重ね、外国犬の最新情報を収集し、日本の愛犬家への情報発信を心がけました。

(さらに…)

Read More
トイプードルトリミング

子育てが終わった主婦から自立が出来る女性でありたい。

子育てが終わった主婦から自立が出来る女性でありたい。

青山ケンネルスクールは短期で資格を修得出来る「集中制6ヶ月」コースを開設して人気あるコースです。

通われる方の希望曜日、4日間を好きに選択して通います。その多くは、通学に少し時間にゆとりのある方でアルバイトや主婦の方です。

また早く就職をしたい方が希望されているので、「手に職」を持ったらすぐに働くという意識があります。

河合さんには、社会人と今年大学に入学したお子様がいらっしゃる主婦です。

お子様が自立したのをきっかけに、昔から犬や猫を飼っていたし動物が好きなことで、自分も自立しようと決心してトリマーの道へ足を運びました。

ご結婚する前は、アパレル業や事務職をしてましたが、結婚後に退職して働く事がないまま、心のどこかに、動物関係の仕事に憧れていた自分がいたために決心したのです。

いろいろなことから「何かしたい」という気持ちが強い同じ境遇の方も多いと思います。

特に、子育てが一段落した女性は第二の人生を歩むために好きなことを見つけることがポイントです。趣味や仕事でもなんでもいいのですが、犬の仕事は好きであれば、趣味の延長線であり収入もあります。

「43歳でトリマーになります。」でご紹介した方も子供の手が離れる今にタイミングを置いて第2の人生をスタートしました。

(さらに…)

Read More
トリミング

やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

土屋伶果さんの小さいころの夢は、ケーキ屋さんになること。
もともと犬が苦手で触ることも出来なかった土屋さんは、今自分がトリマーを目指しているなんて信じられないといいます。そんな土屋さんが選んだコースは青山ケンネルスクールの総合制でした。土屋さんが総合制を選んだのは、科目数の多さが魅力的だったから。
集中制がトリミングを学ぶ専門学校なのに対して、総合制は知識をたくさん増やすことのできる、犬の大学のように感じたそうです。

(さらに…)

Read More

事務職を経て実感。手に職をつけることの大切さ。

事務職を経て実感。手に職をつけることの大切さ。

ペットを飼っている割合は、3世帯に1世帯とよく言われますが、飼っていない割合は逆の3世帯に2世帯という日本の現状。もっと日本にペットが増える環境をいろいろな方向で整備していくと心豊かな日本人に変わることがあるでしょう。

そして犬の頭数も増えたいまだからこそ、必要とされるのがトリマーです。トリマーの数は不足状態にあります。そんな今だからこそ、トリマーの活躍のときです。事務職を経て実感した、ずっと続けられる仕事がしたい、好きなことをしたいという想い。
本日、紹介するのは青山ケンネルスクール横浜戸塚校で集中制ドッグビジネスコースに通う三瓶香織さんです。

(さらに…)

Read More

「働くこと」をもっと楽しく生涯続けるために。

「働くこと」をもっと楽しく生涯続けるために。

今の仕事に不満はない。でも、5年後・10年後の自分を想像した時、どこか不安がある。そんな会社員の方たちが男女問わず、青山ケンネルスクールの説明会に多くご参加される傾向にあります。

女性であれば特に、人生の節目である結婚や出産・育児中に、今の仕事を続けていけるのか。

男性では、会社の将来性や定年退職後の生活を考えた時、会社に属せずに自身の力で開業し、生涯続けられる仕事にシフトチェンジをするチャンスに向けて今から備えておきたい。

(さらに…)

Read More
トリマーを60歳から始める

定年退職後の60歳からトリマーに転職しました。

定年退職後の60歳からトリマーに転職しました。

青山ケンネルスクール横浜戸塚校に入学した動機は、定年退職の後の自分を想像したからです。

以前、「定年退職後を見据え働きながら資格を取得しています」でご紹介した野中さんは、勤続年数約33年と長年勤めた制作会社に勤務していました。昨年夏には体の一部と同じ感覚で居た場所を感謝しながら退職し、第2の人生を歩むことを決意しました。

青山ケンネルスクールを卒業後、スクールの紹介の求人面接に行ったり、職業安定所で見つけたトリミングサロンに面接に行きましたが中々ご縁がない状態。スクールに在学中に自宅開業をするかKENNEL STYLEを利用するかも視野に入れていたので、すぐにではなく自分のペースで過ごしていた所、劇的な出会いのある動物病院へ就職をしました。 (さらに…)

Read More

Dr.宮本の「愛犬家のための健康塾⑧」

Dr.宮本の「愛犬家のための健康塾⑧」

イヌの健康を守るには、飼い主による日頃からのチェックやケアが欠かせません。安田獣医科医院(東京都目黒区)の獣医師・宮本三郎先生が、誰でもすぐに実践できる「衣食住」の知恵や、健康チェックポイント、季節ごとの心構えを優しく伝授します。(Dr.宮本の「愛犬家のための健康塾⑦」からの続きです。

(さらに…)

Read More

Dr.宮本の「愛犬家のための健康塾⑦」

Dr.宮本の「愛犬家のための健康塾⑦」

イヌの健康を守るには、飼い主による日頃からのチェックやケアが欠かせません。安田獣医科医院(東京都目黒区)の獣医師・宮本三郎先生が、誰でもすぐに実践できる「衣食住」の知恵や、健康チェックポイント、季節ごとの心構えを優しく伝授します。(Dr.宮本の「愛犬家のための健康塾⑥」からの続きです。

(さらに…)

Read More