ずっとやりたかった事

青山ケンネルスクール横浜校に通われている内田晴菜さんは、小学生の時に愛犬がトリミングから綺麗になって帰ってきたのを見てから、ずっとトリマーになりたいと思っていました。

たくさんの専門学校の説明会や体験スクールに足を運ばれましたが、その中から自宅に近く、週3日の通学で良く、トリミングが早く仕上がれば早く帰ることができるという点に魅力を感じ、本校のトリミング科集中制10ヶ月コースに入学されました。
初めてトリミングをしてみて、苦労される作業もありますが、「ずっとやりたかった事なので毎日が楽しい。早く学校に行きたいと思っています。犬を相手にする仕事に就くのが夢だったので、着実に夢に向かって前進しているようで楽しいです。」と、おっしゃっていました。
オプション講義でドッグシッターも受講されており、その中のドッグマッサージの講義を特に楽しみにされています。
少々人見知りの内田さんですが、自営を見据えて接客の練習をしたり、様々な年齢層の生徒さん達と会話したりすることで少しずつ自分を変えていこうと努力されています。
まずは「犬の扱い方」をしっかりマスターし、卒業までにトリミング技術をしっかりと身に付け、全ての犬に愛されるトリマーになることが今の目標です。
そして、将来的には開業し「マッサージができるトリミングサロン」として、おうちに遊びに来たような気軽に入ることが出来るお店にしていきたいと考えています。
これからも犬との触れ合いに喜びを感じながら、一所懸命トリミングに励んでいってほしいと思います。
(2013年7月15日 取材)