9年前のきっかけ

フリータイム制で通学中の駒林 彩さん 19歳の紹介です。
トリマーを目指すきっかけは9歳になる愛犬パピヨンを飼い始めた当時に「ご両親がこんな仕事もあるんだよ!」とトリマーという仕事を教えてくれた事でした。
高校を卒業し、将来を考えた時その事を思い出し数ある選択肢の中からトリマーを目指そうと決めたそうです。
今は就職難で、なかなか就職先が決まらない事が多い中、駒林さんの友人も2年制の専門学校などに進学するケースが多いそうです。しかし、せっかく入学しても直に辞めてしまう人が多く、結局は身に付かずに違う仕事をしている場合が多いそうです。
その反面、駒林さんは今年の4月に青山ケンネルスクールに入学し、アルバイトをしながらの通学で現在Bテスト中です。
このペースでいくと来年の2月頃に卒業予定です。
卒業後はと尋ねると
「トリミングサロンへ就職し、飼い主さんとのコミニュケーションを大事にし、愛犬の良さを引き出せるトリマーになれる様に頑張りたい!」と話してくれました。ご両親が9年前に教えてくれた職業をきっかけに今、実現に向かってトリミングの勉強に真剣に取り組む駒林さんはとてもいきいきとしています。これから5年後、10年後が楽しみです。
 
(2013年2月9日 取材)