犬の睡眠時間

愛犬を観察していると、一日のほとんどは寝ている子が多いのではないでしょうか?

通常犬の睡眠時間は約12-15時間と言われています。 
大型犬の場合は最大16-18時間の睡眠をとるそうです。
こう見ると長いようにも感じますが、 睡眠時間が長くてもその大半が浅い眠り為、熟睡出来ている時間は少ないのです。

とある調査の結果、愛犬の睡眠時間が20時間以上と答えた人の犬のストレスは少なく、10時間未満と答えた人の犬はかなりのストレスを抱えていたそうです。

子犬の時期は特に睡眠時間が必要で、18-20時間はゆっくり安心して寝る事が出来ると性格も穏やかな子に育つと言われております。 

高齢になってくると、通常の睡眠時間と比べ寝ている時間がより多くなっていきます。そして物音や気配がしても反応せず起きてこなくなります。

長生きと健康の為にも、睡眠時間をしっかりと与えてあげると良いでしょう。