体の名称

丸い頭に大きな瞳が特徴的なチワワ。
チワワのように、後頭部が盛り上がっている頭のことをアップルヘッドと呼びます。
頂点が丸くて、真ん中が隆起したりんごのようなその形が名前の由来です。

また、プードルやドーベルマン、シベリアンハスキーのような、両縁が尖っている形の目のことをアーモンドアイと呼びます。
文字通り、アーモンドのような形を表したものです。
プードルというと丸い可愛らしい瞳をイメージしがちですが、本来は切れ長な目を良しとしています。

このように、犬の体、目や耳、尾にはその形に見合った名前が付けられています。
他にも、チューリップイヤー、ローズイヤーなどその形を花に例えたり、ヘアフット(兎のように細くて長い足)、キャットフットなど、他の動物の体に例えることもあり、その表現は様々です。

気になる犬種の性格やカラーけではなく、さらに掘り下げて調べてみると、あたらな発見があり面白いものですよ。