技術力を磨く

青山ケンネルスクールのテリア専科にご参加した、谷 亜寿香さん。
フリータイム制で通われ、このテリア専科を受講中に卒業されました。愛犬にワイヤーダックスフンドを飼われていますが、この抜く事を知る前に普通のトリミングを行なっていました。いつかは自分の愛犬をその犬種らしく出来る日がくるといいですね。さて、谷さんにも講習会が終わった感想を尋ねました。
・初めて犬の毛を抜いて仕上げるテリアトリミングを行ないましたが、いかがでしたか?
担当した犬種はノーフォークテリアでした。授業中には自分の担当犬以外も抜かせてもらえる機会があり、そこでノーフォーク以外の犬種を触ったらもともと剛毛なのか抜きづらかったように思えました。どちらかというとノーフォークテリアは意外に楽に抜けたので、他の犬種は大変そうだと感じました。
・プラッキングを行なうにあたり、ハサミとは違った道具でしたが使い方等は慣れましたか?
まず毛を抜いて形を作っていくのが今までのトリミングとは違いとても難しかった。どこをどれくらい抜けば、どの程度という感覚が分からず抜きすぎたこともあって、そこで、ナイフを使い抜く時にどの部分をどの位つかんでいるか分からなくなったこともありました。けど、完成したときは最初と変わったのですごい!と思いました。
・今後、谷さんの将来の夢などあれば教えてください。
自分でお店を持ちたいです。トリミング単価が高くても来てもらえるように、何らかのあるお店を作るように、今たくさん模索しています。
いつも谷さんはハイクオリティを目指して通学され、それは今でも変わりません。常日頃から自分力を鍛え磨いているので、将来のビジョンもきっと成功するに違いありませんね。