乗り物酔い

犬の乗り物酔いも、人間と同じしくみで起こります。 
加速や回転により、耳の奥にある、平衡感覚やバランスを整える前庭や三半規管に刺激を加えられることで生じ、自動車や、電車、飛行機、船などに乗った時に生じるのが一般的。
嘔吐だけではなく、しきりにあくびをする・寂しそうに鳴く・ソワソワと落ち着きがなくなる・よだれを垂らす・震える・吠える。

このような症状は乗り物酔いと言えます。人間と同様に、嘔吐をするまでには気持ちが悪い状態が続いているので、途中で休憩をとり安心させてあげる等のケアをしてあげることも大切です。
現在では、動物病院で酔い止め薬を処方してもらうことが出来ます。鎮静作用のないお薬が出ているので、旅先でボーっとするようなこともなく、楽しく過ごすことができます。

乗り物酔いの症状が見られない愛犬の場合でも、車内の換気や温度に注意を払うことも重要です。
特に子犬の時は、ドライブを楽しく、ストレスのないものにしてあげましょう。家族とのドライブが楽しいと記憶することが大切です。