節電の夏は、、

今年も節電により空調の使用も制限され人も犬も熱中症にかかってしまう確率が高くなることと思います。
熱中症とは脱水症状などで温度の調整が上手く行かず、体温が40度以上になってしまうことによって起こる疾患です。
ご存知の方も多いと思いますが、犬はヒトとは違い足の肉球の間からしか汗がかけません。
そのため、放熱による体温調節の大部分はかなりの体力を消耗するパンティング(急速呼吸)で行っています。
体力のない老犬や体温調節が上手くできない仔犬は熱にとても弱く、夏におけるお家での環境造りが重要になってきます。
常にクーラーをつけておくわけにはいかないので、外出時には冷却シートをしいてあげたり、部屋のいたるところに水をおいてあげる、また、カーペットの部屋の場合はツルツルとしてひやっとするタイルなどをおいてあげるなどしてあげましょう。
可動範囲を広くしてあげることによって、犬は自分で涼しい所を見つけ、暑さをしのぎながら過ごすことも出来ます。
老犬、仔犬の他にもシーズーやパグなど鼻の短い犬種や、太っている犬、皮毛が厚い犬種も熱に対して弱いので注意してあげましょう。
今年も猛暑となります。
人も犬も熱中症には十分気をつけましょう。