接客業からの転職

横浜校に通われている宮本由貴子さんは接客業の仕事をされています。
自宅でダックスフントを飼い始めたのを期に「愛犬のお手入れを自分で出来るようになりたい」と思うようになり、トリミングの学校に通うことにしました。
一人一頭仕上げという点と、本校の学校説明会に参加された際に生徒さんが楽しそうにトリミングしているのを見て、休日を利用して通うことができるフリータイム制での入学を決められました。

入学当初は「トリミングは好きだけれど仕事にするのは不安」と感じていたそうですが、幅広い年齢層の生徒さん達と会話しているうちに「卒業後はサロンに就職する」という気持ちが強くなったそうです。
もともと美術が得意だった宮本さんは「作品を仕上げるような感覚」で日々、楽しみながら技術を高め、作業時間を短縮しています。

「いつかは独立して開業し、飼い主さんの喜ぶ顔を励みに頑張っていきたい」と話してくれました。
現在、妊娠されている為しばらく産休・育休を取られます。
大変だと思いますが、復帰後はスタッフも最大限サポートさせていただきます。
母子共に健康体で戻ってきてくれることを祈っております。
これからも頑張っていきましょう!