井上さんに聞いてみました。

2011-1-184.jpgテリア実技講習会を終えて、参加者の皆様に感想を聞いてみました。
参加して頂いた、井上望さん。担当犬種はノーフォークテリアの女の子。
井上さんは集中制で通学されていて、日々実習でも1頭1頭丁寧にトリミングされている姿が目立ちます。
ご愛犬は、トイプードルをお飼いになっていますので、この講習会のテリアのトリミングには躊躇して
いた部分もございました。しかし、これからトリマーという仕事に就くときには必要な要素と思い参加を決意されました。
今まで、毛を切っていたトリミングが毛を抜くというトリミングに変わりましたがいかがでしたか?
『初めは抜くということに抵抗があって、痛そうに思えましたが。その思いがあってなのか、作業が思いのほかうまく
いかなかったときもあります。しかし、段々慣れていくとキレイに抜けてくるし担当した子が寝てしまう時もあり
覚えてくると楽になってくるので楽しかったです。』
このトリミングをした皆さんが一度は思うことで、やっぱり毛を抜くのは痛そうではないかということ。
私も以前はそう思っていました。しかし、これを解消したのは、抜き方だと思います。この抜き方を理解して
いくことで犬に苦痛を与えないやり方を体に覚えさせると比較的楽になるのです。
抵抗があった井上さんですが、道具の扱いはだいぶ慣れましたよね?
『まだまだ上手に使えませんが、もっといろいろな毛質のタイプの子をやってみたい。
たぶん始めた頃よりかは慣れた気がします。』
そうなんです、後半に入ると見違えるようにスピードがアップして丁寧に仕上げられていました。
初めは戸惑いながら作業していたのですが、基本を押さえることで、この先どんどん進化していくと思いますよ。
井上さんは将来の夢はどのようにお考えでしょうか?
『将来的には自分でお店を開くのが夢です。お店を開いてたくさんの犬を見ていきたいし、
少しでも犬にとってもオーナーさんにとっても良いお店作りをしていきたいです。』
いつも勉学に励む井上さん。きっとお店をオープンすることになったら、たくさんの飼い主さんや愛犬へのアドバイスをして、
良き共存スタイルを展開していきそうですね。そんなお店を早く見て応援したいと思っています。
これからの井上さんのご活躍を楽しみにしています。
今回BLOG記事にご協力いただきありがとうございました

(スタッフ 澤地)