健康チェック

2011-1-179.jpg狂犬病の予防注射やフィラリアやノミの予防など、何かと病院に行く機会が多いこの季節。
せっかく病院へ行くのですから、ただ予防をするだけではなく、一緒に年に1度の健康診断を受けることをお勧めします。
まず手軽にできるのは糞便検査です。寄生虫の有無や細菌の状態を知ることができます。肛門から直接便を採取する方法もありますが、必要量が取れないと検査を行うことができません。
病院に行く際には、あらかじめより新しい便をもって行くといいいでしょう。便が乾燥しないようにラップやビニール袋に包んで持参してください。量は小指の先ほどで十分です。
またフィラリアの予防の際に行う血液検査。通常はミクロフィラリアの有無を確認するだけですが、このときに一緒に内臓などのチェックをしてもらうのもいいでしょう。少量の血液からでも、貧血や脱水の有無や腎臓・肝臓・血糖値を知ることができます。定期的な血液検査は、病気を早期発見する大切な手段です。
いつもの予防に少しプラスするだけで、愛犬の健康状態を知ることができますよ。

(スタッフ店舗)