足先のお手入れ

災害時の愛玩動物同伴可能の避難所の確保と増加及び、愛玩動物入居可能の仮設住宅の確保と増加と建設を求める署名に
ご賛同頂ける場合には、こちら↓をクリックして署名用紙をダウンロードしてご協力お願い致します。

http://www.n-d-s.tv/pet-rescue/shomei.html

2011-1-167.jpg徐々に暖かくなり、お散歩が気持ちよい季節になりました。
お散歩から帰ってきて、愛犬の汚れてしまった足先を洗ってあげるのは衛生的にもいいことです。しかし、そのやり方を間違えると、かえって皮膚炎を起こしてしまうことがあります。
「洗って満足」ではなく、その後にしっかりと指の間まで乾燥してあげないといけません。
肉球の周囲は汗腺が発達しており、湿ったままにしておくと湿気がこもり、細菌が繁殖してしまいます。それがひどくなってくると痒みから足先を舐めるようになり、舐めることで口内細菌が感染して、ますます炎症がひどくなってしまうのです。
足先の毛が着色してしまっているのは、ほとんどがこのためです。
また、足先を洗うたびにシャンプーを使うのにも注意が必要です。
頻繁に洗うことによって、皮脂バリアのバランスが崩れ、乾燥によって痒みが出てしまうこともあります。軽く洗ってしっかり乾燥すれば十分ですが、シャンプーを使う場合には、原液を薄めたものを用意しておくと良いでしょう。
いずれにせよ大切なことは、しっかりと指の間まで乾かしてあげることです。お手入れが楽なように、定期的にトリミングサロン等で足裏の毛を短くカットするのもお勧めです。
しっかりとお手入れをして、快適に過ごさせてあげましょう。

(スタッフ 店舗)