海外の刺激を受けて

2011-1-159.jpgフリータイム制で通っている加藤 悦子さんは、先日、イギリスで開催されたクラフトドッグショーに行って来られました。
「講義で海外のドッグショーの話を聞いて行ってみたいと思ったんです。イギリスに友人がいるので、あまり不安はありませんでした。
普段、ほとんど小型犬しか見る機会がないのですが、大型犬や見たことのない犬種を間近で見れて驚きの連続でした。
4日間毎日行っても全然飽きませんでしたよ。」と楽しかった思い出を話してくれました。
英語は苦手と言いながらもセットアップしている場所に行き、積極的に質問をしてきたそうですよ。
行動力のある加藤さんなら今回の経験を糧とし、これからトリマーとして活躍してくれると思います。

(スタッフ 渋谷校)