ニューヨークのドッグラン

2011-1-140.jpg米国では、地方に行くと40万平方メートル規模のドッグランもあるそうです。

ニューヨークのような大都市では、広さよりも数で勝負のようで、高層ビルに囲まれたマンハッタンでは、庭付き住宅はほとんど存在がなく、犬はアパートの中で飼われていますから、必然的にドッグランが必要になってマンハッタン市内だけでも20ヶ所以上はあります。

ニューヨークの平均気温は0から-101月、2月がもっとも厳しいですが、愛犬家は、ドッグランの利用を最大限に活用しています。

愛犬をドッグランに入れて飼い主さんは、買い物などに出かけていても犬は馴れたドックランで他の犬たちと平気で遊んでいる姿に感動いたしました。

日本でも飼い主達が犬社会を見守りお互いが理解できるフレンドリーな環境を高める努力をしましょう

 

ニュース!ニューヨークで開催された2011年ウェストミンスタードッグショーのBest In Show にはスコティッシユ・ディアハウドが選ばれました。

興味がある方は   http://www.westminsterkennelclub.org/

 

(スタッフ 店舗)