自分のこだわり

2010-200.jpg集中科A級に通う齋藤百合恵さんは、いま、Aテストに向けがんばっています。
そんな齋藤さんは最初は爪切りが怖くて上手くできず、犬への扱いも怖くて、「かえります。」と言って帰りたくなったこともしばしばあったそうです。ある日、学長が授業の中で「何度もやり直しをすると犬が苦痛になりますから、1回で爪切りを完了するという気持ち、それは犬に対しての愛情だと考えてください」この言葉で気持ちを切り替えることが出来たそうです。
その日から爪切りをやる毎に負担をかけず苦痛を与えないようにと爪切りを繰り返していくうちに、今では苦手だった爪切りが得意になりました。
苦痛を減らし負担をかけないように・・トリマーとして大切なことです。
齋藤さんがトリミングをする上で「自分のこだわり」としてそれが全ての作業に影響しているようです。
いずれは開業し、アットホームなお店が持てることを目標にしている齋藤さん。
卒業後も変わらぬ「自分のこだわり」をますます活かして行けることでしょう。
犬は好きだけれど不安が先立っている方でも、青山ケンネルスクールは11つ克服していけるようフォローし、生徒さんの沢山の夢を叶えたいと思っています。

(スタッフ 横浜校)