就職の幅


 2010-179.jpg先日、横浜校にいらしたのは卒業生の大林さんと後藤さん

後藤さんは青山ケンネルスクール横浜校を5年前に卒業された生徒さんです。
卒業後は、藤沢で自営をされている大林さんのサロンに就職。
その後、後藤さんも自宅でサロンを営んでいます。
今回は、お二人とも求人募集で来校されました。
大林さんは雇用、後藤さんは年末のアルバイトが欲しいとのことでした。
青山ケンネルスクールでは、自営される方も多いことから、母校への求人も定期的に頂いております。
それというのも、母校に求人を出した方が学んできたことが分かり良いのだとか。
また、スクールならではである年齢層の広さも理由の一つだそうで、社会経験者を望まれるオーナーさんには特に重宝されています。
随時卒業生がいる環境が、こうした求人率を高めていて、自営をされている卒業生以外にも、他店に就職した卒業生から直接求人を頂くこともしばしば。
来春卒業予定の大学生の就職内定率が、57.6%という就職氷河期、青山ケンネルスクールが可能にする即戦力と400店舗を超える卒業生のお店が「就職の幅」を広げ、生徒さんの夢を叶えています。

 

(スタッフ 横浜)