犬の体温


2010-166.jpg愛犬の健康管理はできていますか?

犬は言葉を話すことができないので、常日頃から行動や排便、排尿などをよく観察し、病気のサインを見逃さないようにしましょう。
 日々の体温を把握することは健康へのバロメーターとなります。
普段から 体温、脈拍、呼吸数などをはかり、平常時の状態も知っておく事が大切です。
通常、犬の体温は37.5?39℃前後です。 様子がおかしいときに計ることでいち早く異常に気がついてあげる事ができるでしょう。
体温は、尻尾を持ち上げ体温計の温感部分が隠れるところまで肛門にゆっくり差し込んで計ります。  水銀式は万が一割れてしまうと危険なので、電子式をご使用ください。 
使用後はしっかりと洗い、消毒しておきましょう。 また、体温計にかぶせるグローブ・カバー などを使用する事も良いでしょう。
暴れてしまってなかなか計る事ができない場合は、耳で簡単に計ることのできる“1秒電子耳体温計 Pet-Temp PT-300 “ をお勧めします。 
赤外線センサーとマイクロコンピュータで鼓膜の温度を測るので耳の入口付近で簡単に計る事ができます。
状態がかなり悪くなってからでは、直すのも時間がかかり愛犬の負担も多くなってしまいます。 なるべく早く愛犬のサインに気がついてあげて下さい。

 

(スタッフ 店舗)