10年ぶりにふたたび海外へ


2010-136.jpg13年前に青山ケンネルスクールを卒業した植松 康江さんはスクール卒業後、日本だけでなく海外のトリミングをみて見たいと思い、身ひとつでカナダへ飛び立ちました。

就職先が決まっているわけでもなく、英語も苦手・・・
カナダでひたすらショップをまわり働かせてほしいとお願いの就活でしたそうです。
そして「幸運にもいいオーナーに巡り合い、がむしゃらに働きました。
日本人は手先が器用だと言われ、最初は、オーナーにブローだけをまかされていました。残念ながら腱鞘炎になってしまい、日本へ帰国しました。帰国してとりまーとして10年のブランクがあるのですが、カナダの友人からまたこっちでトリマーとしてやってみないか?の誘いがあって誘ってカナダやる決心をいたしました」

只今、植松さんは10月の出発に向けてスクールで猛勉強中です。

彼女の度胸とトリマーにかける思いをスタッフ一同応援していきます!

(スタッフ 阿部)