最初が肝心


2010-134.jpg最近の池尻大橋店の傾向として、仔犬を飼われるお客様が多くみられます。

体が小さいからと、簡単そうに見える仔犬のトリミングですが、実は結構難しいです。
今まで触られた事のない所をもたれたり、抜かれた事も無い耳の毛を抜かれたりするわけですから…トリマーとしてなだめ、あやして作業を進めたり、テーブルから落下しないように気をつけたり、テーブルが苦手な子犬ならば膝に乗せたりと観察をしながら、神経を集中させてトリミングをします。
そうして、回を重ねる毎に仔犬は慣れ、今まで大騒ぎしていたのが、嘘のように大人しくなりトリマーとして肩の荷が下り、良かったと思うわけです。
なぜ、良かったかと申しますと、その子犬にとって〈トリミング=苦痛〉ではなく、〈トリミング=楽しみ〉になるからなのです。
トリミング好きな犬は、お店も好きになり尻尾を振りながら店内に入ってきます。そんな犬たちは、トリマーが好きになり、人も好きになります。人が好きになれば、触られる事も好み、誰からも愛される犬になるでしょう。
トリミングは、愛犬の社会性を高めるには、とても勉強になる場所です。
定期的に連れて行かれる事を心掛けてあげましょう。

 

(スタッフ 須田)