痛いの痛いの飛んでいけ!


2010-113.jpg胴長短足の代表犬種といえば、ダックスフントです。

穴熊の狩猟犬として、改良されたこの体型ですが、悩みのひとつに胸が擦れて毛がはげてしまうことがあります。
これは、毛の短いスムースだけでなく、ロングダックスでも同じようになります。
酷い場合、皮膚まで赤くただれて見るからに痛々しい姿です。
なぜ擦れてはげてしまうか…それは、短足なだけに少しの段差でも、胸が地面に当たってしまうからなのです。
そんな悩みの解決法に「胸あて」になるものを作ってみました。
胸あてをつける事によって、擦れることが軽減し、赤くなってしまっていた所も良くなってきました。
冬には洋服を、夏には胸あてをすることで改善するでしょう
この胸当ては、手作りで貴乃花の文字入りの浴衣布で作りました。

ご希望の方は、青山ケンネルインターナショナル株式会社 shop@kennel.co.jpにお問い合わせください。

 

(スタッフ 須田)