純粋犬種の健全とは


sphoto40.jpgお客様からティーカッププードルを購入したいとお問い合わせがありますが、当社は、純粋犬種保護を目的にしていますので誤解が生じないためにもJKCのお知らせを引用させていただきご説明をしております。
ティーカッププードルや豆柴といった、従来いた犬よりもサイズの小さな犬がメディアに取り上げられておりますが、これらの犬は、小さくて可愛らしい姿形や物珍しさから静かな人気となり、JKCへの問い合わせも多く寄せられています。じつはこの「ティーカッププードル」、「豆柴」という名称は正式な犬種名ではありません。これらの名称は、販売上のいわば商品名にあたるもので、JKCの血統証明書に「犬種名」として表記されることはありませんのでご注意ください。ティーカッププードル、豆柴として販売された子犬が、それぞれ「プードル」同士、「柴」同士の血統証明書を持つ両親から繁殖されたものであれば、当然、血統証明書が発行されますが、その場合、血統証明書には両親犬と同じ犬種名が明記されているはずです。本来、犬種には、その犬種の理想像を記した「スタンダード(犬種標準)」があります。それには、その犬種の歴史から、犬種としての健全さなどの理想的な姿について記載されており、そのひとつとしてサイズが定められています。プードルは大きさによって4種に分類されており、一番大きなスタンダード・プードルは体高(地面から肩までの高さ)45から60cm(+2cmまで許容)、ミディアム・プードルは体高35から45cm、ミニチュア・プードルは体高28から35cm、一番小さなトイ・プードルは体高24cmから28cm(理想は25cm1cmまで許容)と定められています。柴犬については、牡の体高39.5cm、牝では36.5cmを理想とし、それぞれ上下各1.5cmまで許容されるとしています。極めて小さなサイズの個体については、この犬種標準から逸脱しているため、犬としての健全性に欠ける場合があるので注意が必要です。
確かに、ティーカッププードルや豆柴は小さくて可愛らしく、そのまま犬種として残してみたいとお考えの方もいるかと思いますが、純粋犬種の健全な発展育成を目指しているJKCとしては、お勧めできない理由となっています。」本来、犬の繁殖は、その犬種の理想の姿について、正しい知識を身につけ、繁殖者が研究を重ねて行うべきものです。同じ犬種を愛する世界中の繁殖者が、「犬種標準」から逸脱した部分があれば正していく姿勢をもって取り組んでいるからです。
なおかつ、繁殖者(ブリーダー)の責任として、当然のことながら健全な子犬を繁殖すべきであることはいうまでもありません

(スタッフ 池尻店 冨安)