親子の夢


2010-73.jpg佐々木 麻衣さん 19歳

フリータイム制トリミング科A級コース在学
横浜校へ通われている佐々木さんは、もともと小さい頃からお母様にトリマーになることを薦められていたそうで、常に頭の片隅には動物関係の仕事があったそうです。
しかし、当時は具体的なところまで考えていなかったそうです。
そんな中、高校3年の冬のこと、大学へ進学するかお父様の薦める公務員になるかで進路を決めかねていた時「大学に行っても就職できるか分からないし、公務員の試験にも合格できるか・・・できれば好きな仕事をしていきたいな」と思い、お母様の薦めだったトリマーという仕事を考え出したそうです。
佐々木さんは今、最終実技試験へ向けてラストスパート中。
ご家族の応援もあって、日々技術習得に励んでいます。
そんなお母様は入学時、こんな事をおっしゃっていたそうです。
「卒業後、就職して、一人前になったら家でお店を開いたら、私がシャンプーくらいなら手伝うから。」と
トリマーになる夢を叶えようと頑張る娘さんを見て「私もトリマー勉強してみようかな、なんて言ってるんです」と佐々木さん。
トリマーを通じて親子の夢はふくらんでいます。

 

(スタッフ 横浜斉藤)