カラスの威嚇


2010photo6.jpg先日こんな出来事がありました。
ご予約のお客様が、店内に入るや否や慌てた様子で、
「今来る時にカラスに襲われたのよ!」と
詳しくお伺いしてみると、お店に向う途中の裏道でのことです。
小さなチワワちゃんを抱き、ノーリードでしたが、少しの間下に降ろしてた時、突然頭上からチワワちゃん目掛けてカラスが襲ってきたそうです。
危険を感じ、すぐに抱きかかえましたが、それでも止まずカラスが襲ってきたという恐い体験でした。
幸いにも、飼い主様とチワワちゃんには怪我もなく無事でしたが、もしあのくちばしで突かれたりしたらと考えただけでもゾッとします。
通常カラスの繁殖期にあたる5〜8月に、巣の近くを通る人を襲う例が年に何件かありますが、そのほとんどがいきなり襲われたそうです。
しかしカラスは、襲う前に威嚇をします。
カラスの威嚇方法として威嚇対象に向けて大声を出したり、鳴きながら上空を旋回をしたり、枝や葉を落とすことがあるそうです。  
また、カラスの巣の下をどうしても通らなければならない時は、傘が有効的だそうです。
池尻にも沢山のカラスがいますが、鳴き声がした時は注意が必要です。

 

(スタッフ 須田)