血液型


2010-41.jpg血液型とは赤血球膜表面の抗原のことを言います。
人間ではABOABですが犬の場合はDEA1?13、犬の場合はサブタイプといい、DEA1型にはDEA 1.11.21.3というものが更にあります。
輸血などをする際に犬も人間と同じようにそれぞれの血液型に愛称があり、DEA1.1が最も高い高原性を持っておりそれに対し輸血時に副作用(急性溶血)がおきないように検査するそうです。
しかし、犬は特殊で他の種の血液が入ってきてから、その血液型に対しての抗体を産生するので初めての輸血時には副作用が起きることはありません。
地域や犬種により血液型のかたよりはあるそうですが、犬種だけでは特定することができないようです。
皆さんも愛犬の血液型を調べてみてはいかがでしょうか?

 

(スタッフ 久保)