犬の花粉症


2010-38.jpg犬にも花粉に対するアレルギー反応、いわゆる『花粉症』があります。
人間のようなくしゃみや鼻水といった症状ではなく、かゆみを伴う皮膚炎が一般的です。
犬のアレルギー性皮膚炎は悪化しやすく、全身に痒みが及ぶ場合もあります。
花粉に対するアレルギーの場合、
・花粉が多く飛散する時間帯のお散歩は避ける
・洋服を着せる
・お散歩の後は、花粉をしっかり落とす
・定期的にシャンプーをする
などの対処方法があります。
また、動物病院で血液検査を行うことによって食物、植物、ダニなど数十項目をチェックすることができます。
費用は2万円前後かかりますが、アレルゲンの侵入を減らせば痒みを抑えることができます。
症状が出る前に検査を受けて、アレルゲンを遠ざけるのも予防方法のひとつと言えるかもしれません。

 

(スタッフ 諸橋)