酔芙蓉


9-134.jpg三年前から鉢植えで育てていたすいふようを、今年は地植えにしてみました。
大きく育ち枝葉もよく伸び、9月頃から今日まで50個以上の沢山の花を咲かせ続けています。
朝方は白く咲き、昼頃には薄紅に変り、その命が終わる夕方には紅く萎む酔芙蓉の変化は、まるでお酒に酔う姿の様で。酔芙蓉の名前の由来だそうです。
出勤前には真っ白だった花が、帰宅する頃には小さく紅く染まっている。
でもすぐ隣にはプクっと可愛い蕾があり、また翌朝にはその蕾が真っ白な花を咲かす。
一日花とはかないものの、次からつぎへと咲くので、長い期間楽しませてくれます。
玄関先の2mはある酔芙蓉を、毎朝見上げながら思う。
(
今日は何個かな?)
すいふよう
アオイ科ハイビスカス(フヨウ)属
落葉低木
学名:Hibiscus mutabilis cv. Vercicolor
和名:酔芙蓉
原産:中国
花期:9?10

 

(スタッフ 須田)