小4のころからの夢


09-5-5.jpgフリータイム制A級に通う伊藤さおりさん19歳は、トリマーになる事が子供の頃からの夢でした。
そんな伊藤さんにお話を伺いました。

「小4の頃にポメラニアンを飼い始めました。動物が大好きでその頃にはもうトリマーになろうと思っていました。愛犬のかかりつけの動物病院で、先生に専門学校の相談を持ちかけたときに、先生は「青山ケンネルスクールいいよ」とお話してくれました。いつも愛犬をトリミングに出している病院併設のサロンのトリマーさんが、青山ケンネルスクールの卒業生だということでした。
お母さんも雑誌で読んで学校の名前は知っていて、いいのじゃないかと話していました。
トリマーは技術が必要となる事は愛犬をトリミングに出していたので知っていたので、色々な学校に足を運びました。そして、唯一1人1頭仕上げを行っている青山ケンネルスクールを実際に見て、しっかり技術が身に付くと思い、入学を決心しました。

家族みんな動物が大好きなので、学校で学んだことは、家族に教えたり、知らなかった犬種も覚え、お散歩の時やペットショップに行った時など犬を見る眼が今までと変わりました。ただ、かわいい。だけではなく色んな視点で見られるようになりました。

今はまだ、カットの練習に入って間もないですが、これからBテストに向けて1回で合格は無理かもしれないけれど出来る事を目標にして小4からの夢に向けて頑張って行こうと思います。」

と意気込みを語ってくれました。

夢を実現する為スタッフも応援しています!!!

 

(スタッフ 中村)