犬の警戒心

他の犬を見た時や、知らない人が近づいて来た時に吠える犬を見かけた事があると思います。

これを問題行動ととらえ、犬の気持ちを理解しようとせず、すぐに怒るという事はしないで下さい。

動物は自分が危険を感た時に、身を守る為に逃げたり、吠えたり、構えた姿勢をとったりする事があります。
犬も同じで、警戒心が強い子ほどそれらの行動は多くみられるでしょう。
そもそもその様な行動こそが、番犬や護衛犬として人を支え、人と犬が共存し始めたというが説があります。
しかし野生で生きる動物の様な危険も少ない為、室内犬などは家でリラックスし、お腹を見せて無防備に寝ていたりします。

本来、危険が近づいたらすぐに立ち上がり、逃げる体制でいたいので、よほど安心していないとお腹を見せるという仕草は見せてくれません。

お家で仰向けになっているのは安心しきっているからでしょうね。

(2013年1月24日)