教室の隅っこの光景


2009-101.jpg毎日たくさんのモデル犬が来校する教室には、サークルが用意されています。
朝、実技授業が始まる前やお昼を終えた生徒さんは自然とそのサークルに
集まってきて犬トークを繰り広げています。

「あの犬種はなんだろう?」
「あの犬は体が長くて足が短い!」

 

などなど ただかわいいと触るのでなく自分の担当する犬以外も観察しています。
生徒さんの数だけモデル犬が毎日来校することは多くの犬を目にするとても貴重な
機会です。
同じ犬種でも 骨格の違いやカットのバリエーションを見比べることで
自分で判断する力がついてくるはずです。
生徒さんが自然に集まるその光景は、本当に犬が好きな想いが溢れているようで
素敵なトリマーになるだろう将来が目に浮かんできます。

 

(スタッフ 阿部)