遺伝性疾患検査

なぜ遺伝性疾患検査が必要なのでしょうか。

遺伝性疾患には、犬全体に共通のもの、犬種に特有のもの、また遺伝子が発見されている病気、形状または症状で判断するしかない病気、生まれた時は異常がなくても、成長するにしたがって異常が出てくる病気もあります。
遺伝性疾患の怖さは、症状が現れなくても、飼い主が知らないうちに遺伝子が次世代に継承されていくことです。
検査は個人で検査キッドを取り寄せることも、動物病院を通して検査をすることも出来ます。
日本の検査機関や検査項目の多いオーストラリアやアメリカといった海外へ送りキャリアかどうかを調べます。
各犬種、検査出来る病気の項目が有り、1項目ごとに費用がかかります。
ほとんどの遺伝性疾患の治療法はまだ見つかっていないばかりか、人間の手で増やしてしまう可能性がある病気です。
愛犬の交配を考えた時、遺伝性疾患について一度調べてみてください。