Get Social With Us
pome

犬に触れる仕事。トリマーを目指してみませんか?

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="normal"][vc_column_text] トリマーを目指しませんか? [/vc_column_text][vc_separator type="normal"][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_column_text] 青山ケンネルスクールにはたくさんの生徒さんが通われています。 学校を卒業してトリマーを目指す方、大学へ進学したけれど一般職への就職に魅力を感じ られない、社会人になったが何か違う、転職したい、副業をしたい、主婦で終わりたくな い、定年後の仕事として・・・等、それぞれの目指す進路は様々ですが皆さん犬が好きと いう情熱は同じです。 [/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="normal"][vc_column_text] トリマーという仕事 [/vc_column_text][vc_separator...

Read More
大口ハムココ

青山ケンネルスクールはトリミング技術習得後に独立開業者が多い理由

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][q_box background_color="#a8a8a8" border_color="#000000"] 青山ケンネルスクールはトリミング技術習得後に独立開業者が多い理由 [/q_box][vc_empty_space][vc_column_text]1986年から社会人対象としたトリミングスクールを運営している青山ケンネルスクールは、仕事を継続しながら「手に職」という技術の習得が出来る、フリータイム制システムのトリミングスクールを開校。また、手に職を持っても卒業後に現場となるサロンに勤めるには、スクールに通いながらも1人1頭完全仕上げを目指すために、カットモデル犬は1人1頭担当しています。 これは、現在も継承されているシステムであり、多くの卒業生を輩出していきました。 その甲斐あってか、卒業後には就職される方も多い中、独立開業をする方もいらっしゃいます。 独立開業が出来る人を応援できるのは、青山ケンネルスクールの母体が青山ケンネルインターナショナルと言うペットショップだからです。ここでのノウハウを伝えることや、スクールでの実技頭数が多いこともご自身の実績にも繋がっていて、スクールに通いながらも財産となっているでしょう。 卒業生の活躍として本日ご紹介する方は、いろいろなきっかけで開業するに至った、1人の女性をご紹介します。[/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][q_box background_color="#a8a8a8" border_color="#000000"] 開業する地域を知ることで、何が必要なのかが分かってくる。 [/q_box][vc_empty_space][vc_column_text]青山ケンネルスクール横浜戸塚校を卒業された新迫さん。 「犬塾を機にプロトリマーへ転身」でもご紹介しましたが、青山ケンネルスクールに入学するきっかけの一つとして、当時勤務していた介護職では先が見えなかったが、好きなことをやろうと思った時に、愛犬のトリミングを自分で出来る場所「犬塾」に入りました。犬塾に通おうと思ったきっかけは、いつもサロンに預けていたが思い通りの仕上がりにならなかったこと。であれば、自分でやろうと思ったことがまずきっかけでした。 ここで近くでトリミングしている方々を見ているうちに、他の犬も自分も出来るのでは?と思い始めて、トリマーになろう!と転機しました。それが、青山ケンネルスクールに入学するきっかけだったのです。 当初は、他の犬も出来るだろう。と言う考えでトリマーになろうと思っていたのですが、授業を重ねる内に、就職しても自分の納得が出来ることが出来ないだろうと思い始めて、過去に開業しているこのスクールでアドバイスを受けながら、自営をしようと決意しました。 まずは、物件選びからです。スクールに通っている中で、時間が空けばご自宅付近の場所を探す毎日。不動産会社と一緒に連携しながら、自分の気に入った土地を探していました。 新迫さんは、沖縄で育ちこの数年前に神奈川県へ越してきた為、自分が生まれ育った沖縄になんとなく似ている横浜市の大口という地域を選びました。場所選びの後には、地域を周り犬を飼っている方への調査を含め歩き周りながらその環境を見ていきました。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="30525" img_size="full" qode_css_animation=""][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][q_box...

Read More

始めてから気付いた、私のやりたかった仕事とは「トリマー」です。

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_separator type="transparent" color="#cb34ed"][vc_empty_space][vc_column_text]「今の仕事に不満がある訳ではない。1人で淡々と仕事をこなし、時には接客をして、むしろ私に合っていてやり甲斐のある素敵な仕事だと思う。」 そう話してくれたのは横浜校のフリータイム制で通われている齋藤 香澄さん。齋藤さんは現在、家具や生活雑貨の販売や、ディスプレイの展示、レイアウトなどを手掛けるお仕事をされています。何年も続けてきたやり甲斐のある仕事、なぜトリマーに転職しようと思われたのでしょうか。 [/vc_column_text][vc_empty_space][vc_separator type="transparent" color="#cb34ed"][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_column_text] 愛犬のため、自分のため、トリマーになると決意しました。 [/vc_column_text][vc_empty_space][vc_separator type="transparent" color="#cb34ed"][vc_empty_space][vc_column_text]きっかけは現在飼われている愛犬のイタリアングレーハウンドの病気。13才という高齢犬という事もあり、なかなかお家の中でも今まで通り走り回っていたりはしゃいだりする姿を見かけなくなり、寝てばかりの生活が続いているそうです。そんな時いつ何があってもおかしくない状況で、仕事へ出勤するという事、長時間1人にしてしまう事を不安に思いながら仕事に行く事が辛くなってしまい、愛犬に寄り添いながら出来る犬に携われる仕事はないかと探し始めます。思い浮かんだのは「動物看護士」と「トリマー」やるからには将来的に自営業をしたいと考えていたため、動物看護士では自営業は出来ないので必然的に「トリマー」になる決意をしたのです。 人生の折り返し地点でもある今、  転職  。自分にトリマーが向いてなかったら…など様々な不安があった為この決断は人生の賭けだったといいます。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="30454" img_size="full" qode_css_animation=""][vc_empty_space][vc_separator type="transparent" color="#cb34ed"][/vc_column][/vc_row][vc_row...

Read More

トリマーだけじゃない!犬に関するお仕事

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_separator type="normal" color="#70eab5"][vc_column_text]ドッグショーとは?[/vc_column_text][vc_separator type="normal" color="#70eab5"][vc_empty_space][vc_column_text]先日FCI東京インターナショナルドッグショー2017が開催されました。 みなさん、ドッグショーとはどういうものかご存知ですか?ドッグショーに行ったことはありますか?[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_column_text]ドッグショーとは、 犬の姿形を審査する「品評会」で、それぞれの犬種の理想にもっとも近い犬を評価する目的で行われるものです。 犬種ごとに理想像を定めた文書を専門用語で「犬種標準(Standard : スタンダード)」といい、ドッグショーではこの「犬種標準」が審査の基準となっています。犬種標準は、その犬種の姿形、能力、性質などを保存するために定めたもので、繁殖指針として優良な犬を保存していく上で重要な資料となっています。 ドッグショーは、犬種標準に近い犬を評価するだけでなく、その犬のブリーダーに対しても、その繁殖の正しさを評価・賞賛する役割があるのです。(一般社団法人ジャパンケネルクラブより引用)[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_column_text]ドッグショーに犬を出すことを出陳と言います。出陳して、いい成績を残し、条件を満たすことで“チャンピオン犬”が作出されます。ペットショップなどで見かける、『お父さんがチャンピオン犬です』というチャンピオン犬とはこのことを指します。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="30354" img_size="full" qode_css_animation=""][vc_empty_space][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="normal" color="#70eab5"][vc_column_text]トリマーだけじゃない!犬に関するお仕事 ハンドラーとは?[/vc_column_text][vc_separator type="normal"...

Read More
buelco

人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身し躍進する元OL

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="transparent" color="rgba(0,195,255,0.83)" border_style="solid"][vc_column_text] 人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身 [/vc_column_text][vc_separator type="transparent" color="rgba(0,195,255,0.83)" border_style="solid"][vc_empty_space][vc_column_text]青山ケンネルスクール在校生ご紹介blogにて、「理系女子・人生の転機に惑わされない、ずっと続けられる仕事は何か。」で現在の職業から身近な動物業のトリマーへ転身された岩窪さん(旧姓:有江さん)のその後を追いかけました。 [/vc_column_text][vc_empty_space][q_box border_color="rgba(0,195,255,0.83)"]ー大学卒業後にトリマーへ転身する女性 ー就職はブレずに自分の合うお店を探しました。 ー出会った自分のお気に入りのサロン“ブエルコ”。 ーこのトリマー業界への道として ー世田谷区三宿にあるトリミングサロン【BUELCO】[/q_box][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="transparent" color="rgba(0,195,255,0.83)" border_style="solid"][vc_column_text] 大学卒業後にトリマーへ転身する女性 [/vc_column_text][vc_separator type="transparent" color="rgba(0,195,255,0.83)"...

Read More
trimming

今やりたいことは何か -たどり着いたトリマーへの道-

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="full_width" color="#0636e2"][vc_column_text] 大学生かトリマーか [/vc_column_text][vc_separator type="full_width" color="#0636e2"][vc_empty_space][vc_column_text]フリータイム制で週2日通われている米山彩季さん(25)は、週5日フルタイムで美容サロンの受付業務をしています。 現在、授業を開始してから約10ヶ月。B級の実技試験を目前に控えています。 幼少期からずっと犬が好きでミニチュアダックスフンドやプードルを飼っていました。 そしてその頃から、トリマーはずっとあこがれの仕事でした。 「トリマーになりたい!」 周りの友人にも宣言していた米山さんですが、いざ進学の時期となると葛藤がありました。 「トリマーになりたい。でも大学にも行ってみたい。」 都内の2年制のトリミングを学ぶ専門学校も検討していたそうですが、 「トリマーは続かないからめたほうがいい」 「大学にも行ったら?」 などと、周囲の意見がありました。そして米山さん自身も、大学に魅力を感じ、中国語を専攻する学科の大学へ進学しました。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="29795" img_size="full" qode_css_animation=""][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="full_width" color="#0636e2"][vc_column_text] 就職して実感、技術職の魅力 [/vc_column_text][vc_separator type="full_width" color="#0636e2"][vc_empty_space][vc_column_text]大学に通い始めた頃、トリマーの夢は一旦諦め、卒業後にまた考えようと思っていました。 しかし、2年通った末に、 「やっぱり犬が好き!」 トリマーへの道を諦めきれず、自分で仕事をしてトリミングを学ぶための学費を稼ぐことに。 そこで就職したのが現在の勤め先の美容サロンです。 そこで出会ったたくさんの美容の技術をもった、手に職を持つ先輩たち。 「自分の技術でお客さんがキレイになる」 「自分のお客さんを持ちたい」 就職して半年が経ち、技術職の魅力を知り、トリマーになるために学校を選び出しました。 高校生の時にも青山ケンネルスクールのことは調べていましたが、当時は2年制の専門学校を検討していました。 就職してから学校に通おうと思った時、条件は ・働きながら自分のペースで通えること ・通いやすい距離であること ・一人一頭担当できること 上記が入学の決め手でした。 一見、大学に入学、就職と、遠回りに思えたトリマーへの道ですが、高校卒業後すぐに2年制の専門学校へ進学していたら、技術職の魅力には気がつけずにいたかもしれません。 米山さんのように、社会人経験を経てトリマーになられた方は、たくさんいらっしゃいます。[/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row"...

Read More
sawa2

仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="full_width" color="#39c12c"][vc_column_text] 仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制 [/vc_column_text][vc_separator type="full_width" color="#39c12c"][vc_empty_space][vc_column_text]入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由でもご紹介した、仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制は、実技授業の時間分をチケットにて納めます。また、通える日数も週1日から可能。仕事がお休みの時、空いている日がある時に、予約制にて受け付けています。 横浜戸塚校に通う、石井さん(25)も仕事の休みを利用して週1日通っています。 小さい頃から動物が好きで、犬を飼いたい時期があったのですが、その時期を逃していた所、4年ほど前にトイプードルが家族の一員になったことから 奮起して資格を目指す事になりました。 [/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="full_width" color="#39c12c"][vc_column_text] 諦めてはいなかった。このタイミングでトリマーの世界に飛び込みました。 [/vc_column_text][vc_separator type="full_width" color="#39c12c"][vc_empty_space][vc_column_text]石井さんは、認定こども園を営む家族経営の元で勤務しています。高校を卒業後の進路として獣医師を目指すことを志していました。しかし、家族のこともあり、保育の資格を取るために短期大学に通い資格を取得。その後、保育の方を手伝いながらも、心理学の勉強をする為に、大学に編入しました。このままの自分でいいのかと問いただしていましたが、祖母様が代々ポメラニアンを飼っている中に、トイプードルが家族の一員になりました。その犬をたまたま引き取った事から、過去を振り返って「動物の職をやってみたかった」という思いが高ぶりトリマーの世界に飛び込みました。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="29651" img_size="full" qode_css_animation=""][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row"...

Read More
freetime

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由 第1話

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_separator type="transparent" color="#dd33be"][vc_column_text] トリマーになろうと決心した時に、すぐに始められる青山ケンネルスクールの特徴である随時入学制度。 [/vc_column_text][vc_separator type="transparent" color="#dd33be"][vc_empty_space][vc_column_text]青山ケンネルスクールは、フリータイム制からスタートした経緯があります。 働きながら通って技術習得を目指すためにも、春・秋の入学制度ではなく、毎月定員制での入学募集を1986年開校当初より行っています。 その為にも毎週の如くスクール説明会を開催し、コースの説明や将来のビジョンをアドバイスしております。個別に近い形だからこそ不安も和らぎ、その先の自分が見えてくるのです。その後、入学を決意した際には、入学時のその当日から授業が開始出来るのです。なるべく早く授業に取り組み、自分の計画の中で卒業を目指していきます。 本日は、2017年4月以降にフリータイム制に入学した方をご紹介します。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="29540" img_size="full" qode_css_animation=""][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_separator type="transparent" color="#dd33be"][vc_column_text] 主婦でもあり仕事をしながら通っています。 [/vc_column_text][vc_separator type="transparent" color="#dd33be"][vc_empty_space][vc_column_text]◇資料請求2016年12月18日 ◆説明会参加2017年1月20日 ◇入学手続2017年3月17日 現在の状況 ◆授業開始4月17日 ◇実技日数10日 ◆講義13単位 青木さんは、主婦でもあり仕事をしながらトリマーの技術習得を目指しています。 入学してすぐに授業開始をしたかったが、仕事の都合上、先に入学手続きを行いました。 週2日通学して目標は2年以内に卒業することを目指していますが、スクールに通いだしてから休暇が充実しました。他トリミングスクールの資料も何件か請求しましたが、空いている時間に授業が学べるフリータイム制があったことと、自宅から比較的近い戸塚にあることで入学を決めました。 「まだ、通ったばかりですので慣れていない部分もあります。実技を始めてみて思ったよりも難しかった。しかし、毎回新しい事を知れ実行出来ることがとても楽しく、疲れは殆どないため、家事や仕事には全く支障をきたしていません。一緒に学んでいる方々の年齢層に幅があるので、年齢については全く気になりません。」[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="29546"...

Read More
TORIMO

技術職に憧れトリマーを目指すハンサムウーマン

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="normal"][vc_column_text] 技術職に憧れていた。職人になりたい。 [/vc_column_text][vc_separator type="normal"][vc_empty_space][vc_column_text]横浜戸塚校フリータイム制に通われている鈴木さんは妻であり、中学2年生の娘さん、小学2年生の息子さんの母であり、釣り船屋の女将です。女将の傍、空いた時間を使い、自宅開業を目指し、スクールに通われています。夢を現実に変え、なりたい自分へと進み続けるハンサムウーマンです。 [/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][vc_column][vc_single_image image="29466" img_size="full" qode_css_animation=""][/vc_column][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="normal"][vc_column_text] なりたい自分に向かって [/vc_column_text][vc_separator type="normal"][vc_empty_space][/vc_column][vc_column][vc_row_inner row_type="row" type="full_width" text_align="left" css_animation=""][vc_column_inner width="1/2"][vc_column_text]千葉で育ち、地元の高校を卒業後、バスガイドの仕事に就き、働き始めました。その頃の夢はジャズシンガーになること。ジャズシンガーという目標を決めた鈴木さんは、行動します。バスガイドを辞め、横浜に移り住みジャズバーで働くことに。当時の趣味は車。2台所有するほど車に夢中でした。しかし、ジャズシンガーだけの収入では車の維持はきつくなり困っていた時に、ジャズバーのお客さんが声をかけてくれたのです。昼間、うちの事務所で事務員をしないか?昼間は事務員、夜はジャズバーで働き、目指していたジャズボーカルとして活躍する毎日。[/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="29462" img_size="full" alignment="center" qode_css_animation=""][vc_empty_space][vc_column_text]そこで鈴木さんに転機が訪れます。事務所の社長が釣り好きな方で、釣りに連れて行ってもらうと、たちまち釣りの世界に引き込まれました。来る日も来る日も釣り。横浜にある釣り場で船に乗り沖に出るとその日は凪。船がエンジントラブルを起こし、かなり離れたところまで漂流してしまいました。その時に助けに来てくれたのは、釣り船屋の女将でした。荒れた海を女将が船を操縦し、助けに来てくれたのです。その時の女将はとても格好良く素敵でした。この出来事で横浜の釣り船屋の女将が憧れの人になり、女将になりたいと新しい目標を鈴木さんは見つけました。 釣り船屋の女将になる。 とは言っても、女将になるには・・・。鈴木さんの出した答えは結婚です。船頭と結婚すれば女将になれる。そう考え、行動します。お見合いをすることにしました。運命の方と出会い船頭と結婚。しかし、ご主人は雇われの船頭だったのですぐに女将にはなれませんでした。一念発起をして自分達夫婦で釣り船屋を開業することにしました。まずは中古の船を買い、念願の女将としてスタートしました。目標は新船を迎えること。ご夫婦の頑張りで、3年で新船を迎えることが出来たのです。その船は、憧れの横浜の女将が操縦した船と同じデザインです。また一つ目標を達成し、夢を掴みました。[/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column_inner][vc_column_inner width="1/2"][vc_column_text][/vc_column_text][vc_single_image...

Read More
trimming

仕事の選択 好きなこと・嫌いなこと

[vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_separator type="normal" color="#32acf2"][vc_column_text] 好きなことを仕事にしているのは3人に1人 [/vc_column_text][vc_separator type="normal" color="#32acf2"][vc_empty_space][vc_column_text]「自分の好きなことを仕事にしたい」そのように思ったことはありますか? 内閣府の調査によると、若者が仕事を選ぶ理由として「自分の好きなことができる」が90%であるという結果が出ています。ところが、実際には仕事に就いている人で自分の好きなことができる仕事に就いているのは32.5%と、約3人に1人なのだそうです。(平成24年版子ども・若者白書より)収入が多い仕事、安定している仕事が求められる中、葛藤の末に好きな仕事への一歩を踏み出した生徒さんのご紹介です。 [/vc_column_text][vc_empty_space][vc_single_image image="29383" img_size="full" alignment="center" qode_css_animation=""][/vc_column][/vc_row][vc_row row_type="row" type="full_width" text_align="left" video="" css_animation=""][vc_column][vc_empty_space][vc_separator type="normal" color="#32acf2"][vc_column_text] 嫌いなことをやるのか、好きなことをやるのか [/vc_column_text][vc_separator type="normal" color="#32acf2"][vc_empty_space][vc_column_text]横浜校にフリータイム制で通われている中島智江さん。彼女がトリミングを学びたいと思ったきっかけは、中学校3年生の娘さんの夢がトリマーだったことです。いつか2人でトリミングサロンが出来たら、、、と思い、トリマーへの道を歩み出しました。 そんな中島さんは、小さい頃から犬とずっと一緒にいる人生を過ごしてきました。 ある時、中島さんは盲導犬の育成を手助けしたいと思うようになります。 「トレーナーにはなれなくても、私にも何か出来ることはあるんじゃないか。」 そして、その思いを旨に、盲導犬協会へ飛び込みます。 「雑用でもなんでもやらせてください。」 そうして働き始めた盲導犬協会で、盲導犬のお世話や、盲導犬のPRをする日々となりました。 そんな生活をしていた中島さんですが、出産を機に転機が訪れます。 盲導犬協会を辞め、一旦子育てに専念し、そして保険会社で働き出しました。 保険会社での仕事は、”好き"とは言えない業務内容でした。 たくさんの事務作業に追われ、営業もしなければならない。 そしてあっという間に保険会社で働き始めてから10年の月日が経っていました。 「保険の仕事は、自分ができる仕事で、自分が嫌いな仕事。犬の仕事は、自分がやりたい仕事で、好きな仕事。」 そんな思いで葛藤した末の決断は、娘さんも憧れている、”トリマーになる”ということでした。[/vc_column_text][vc_empty_space][/vc_column][/vc_row][vc_row...

Read More