Get Social With Us
buelco
人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身し躍進する元OL

人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身

青山ケンネルスクール在校生ご紹介blogにて、「理系女子・人生の転機に惑わされない、ずっと続けられる仕事は何か。」で現在の職業から身近な動物業のトリマーへ転身された岩窪さん(旧姓:有江さん)のその後を追いかけました。

Read More

trimming
今やりたいことは何か -たどり着いたトリマーへの道-

大学生かトリマーか

フリータイム制で週2日通われている米山彩季さん(25)は、週5日フルタイムで美容サロンの受付業務をしています。

現在、授業を開始してから約10ヶ月。B級の実技試験を目前に控えています。
幼少期からずっと犬が好きでミニチュアダックスフンドプードルを飼っていました。
そしてその頃から、トリマーはずっとあこがれの仕事でした。
「トリマーになりたい!」
周りの友人にも宣言していた米山さんですが、いざ進学の時期となると葛藤がありました。
「トリマーになりたい。でも大学にも行ってみたい。」
都内の2年制のトリミングを学ぶ専門学校も検討していたそうですが、
「トリマーは続かないからめたほうがいい」
「大学にも行ったら?」
などと、周囲の意見がありました。そして米山さん自身も、大学に魅力を感じ、中国語を専攻する学科の大学へ進学しました。 Read More

sawa2
仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由でもご紹介した、仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制は、実技授業の時間分をチケットにて納めます。また、通える日数も週1日から可能。仕事がお休みの時、空いている日がある時に、予約制にて受け付けています。
横浜戸塚校に通う、石井さん(25)も仕事の休みを利用して週1日通っています。
小さい頃から動物が好きで、犬を飼いたい時期があったのですが、その時期を逃していた所、4年ほど前にトイプードルが家族の一員になったことから
奮起して資格を目指す事になりました。

Read More

freetime
入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由 第1話

トリマーになろうと決心した時に、すぐに始められる青山ケンネルスクールの特徴である随時入学制度。

青山ケンネルスクールは、フリータイム制からスタートした経緯があります。

働きながら通って技術習得を目指すためにも、春・秋の入学制度ではなく、毎月定員制での入学募集を1986年開校当初より行っています。
その為にも毎週の如くスクール説明会を開催し、コースの説明や将来のビジョンをアドバイスしております。個別に近い形だからこそ不安も和らぎ、その先の自分が見えてくるのです。その後、入学を決意した際には、入学時のその当日から授業が開始出来るのです。なるべく早く授業に取り組み、自分の計画の中で卒業を目指していきます。
本日は、2017年4月以降にフリータイム制に入学した方をご紹介します。 Read More

TORIMO
技術職に憧れトリマーを目指すハンサムウーマン

技術職に憧れていた。職人になりたい。

横浜戸塚校フリータイム制に通われている鈴木さんは妻であり、中学2年生の娘さん、小学2年生の息子さんの母であり、釣り船屋の女将です。女将の傍、空いた時間を使い、自宅開業を目指し、スクールに通われています。夢を現実に変え、なりたい自分へと進み続けるハンサムウーマンです。

Read More

trimming
仕事の選択 好きなこと・嫌いなこと

好きなことを仕事にしているのは3人に1人

「自分の好きなことを仕事にしたい」そのように思ったことはありますか?

内閣府の調査によると、若者が仕事を選ぶ理由として「自分の好きなことができる」が90%であるという結果が出ています。ところが、実際には仕事に就いている人で自分の好きなことができる仕事に就いているのは32.5%と、約3人に1人なのだそうです。(平成24年版子ども・若者白書より)収入が多い仕事、安定している仕事が求められる中、葛藤の末に好きな仕事への一歩を踏み出した生徒さんのご紹介です。 Read More