pome

犬に触れる仕事。トリマーを目指してみませんか?

トリマーを目指しませんか?

青山ケンネルスクールにはたくさんの生徒さんが通われています。 学校を卒業してトリマーを目指す方、大学へ進学したけれど一般職への就職に魅力を感じ られない、社会人になったが何か違う、転職したい、副業をしたい、主婦で終わりたくな い、定年後の仕事として・・・等、それぞれの目指す進路は様々ですが皆さん犬が好きと いう情熱は同じです。

(さらに…)

Read More
大口ハムココ

青山ケンネルスクールはトリミング技術習得後に独立開業者が多い理由

青山ケンネルスクールはトリミング技術習得後に独立開業者が多い理由

1986年から社会人対象としたトリミングスクールを運営している青山ケンネルスクールは、仕事を継続しながら「手に職」という技術の習得が出来る、フリータイム制システムのトリミングスクールを開校。また、手に職を持っても卒業後に現場となるサロンに勤めるには、スクールに通いながらも1人1頭完全仕上げを目指すために、カットモデル犬は1人1頭担当しています。

これは、現在も継承されているシステムであり、多くの卒業生を輩出していきました。

その甲斐あってか、卒業後には就職される方も多い中、独立開業をする方もいらっしゃいます。

独立開業が出来る人を応援できるのは、青山ケンネルスクールの母体が青山ケンネルインターナショナルと言うペットショップだからです。ここでのノウハウを伝えることや、スクールでの実技頭数が多いこともご自身の実績にも繋がっていて、スクールに通いながらも財産となっているでしょう。 (さらに…)

Read More

マイクからハサミへ!アーティストからトリマーを目指す男性の物語!

歌、ダンス、芝居をこなすアーティストでした。

集中制ドッグビジネス科、週3日の10ヶ月コースに通う東さん。

今年の7月に卒業予定。卒業後はトリミングサロンに就職する予定です。

青山ケンネルスクールのトリミングライセンスA級に向けて数々のテストに一発合格し、順調に進んでいます。

トリマーの技術を習得する傍ら、実は異色の経歴を持っています。 (さらに…)

Read More

手に職をつける時代 自分をよく知る友人に薦められたトリマーという職業

手に職をつける時代  自分をよく知る友人に薦められたトリマーという職業

集中制ドッグビジネス科に通う阿部恵美さんをご紹介します。20年近くWeb関係の職場で働いてきた阿部さんが動物業界へ転身を決めたきっかけは、仕事に追われる日々から体調を崩し入院をした時だったそうです。

(さらに…)

Read More

トリマーだけじゃない!犬に関するお仕事

ドッグショーとは?

先日FCI東京インターナショナルドッグショー2017が開催されました。
みなさん、ドッグショーとはどういうものかご存知ですか?ドッグショーに行ったことはありますか?

ドッグショーとは、

犬の姿形を審査する「品評会」で、それぞれの犬種の理想にもっとも近い犬を評価する目的で行われるものです。
犬種ごとに理想像を定めた文書を専門用語で「犬種標準(Standard : スタンダード)」といい、ドッグショーでは (さらに…)

Read More

介護師からペット業界に転身、犬の美容室COCORONを開業しました。

諦めていた夢に再挑戦

集中制ドッグビジネス科を週4日で通われていた加藤さん。

2016年9月入学、翌年2017年7月に卒業されました。

 

20代の頃トリミングスクールに通われていて、Japan Kennel Clubのトリミングライセンスも取得していたものの、家の都合でトリミングの仕事が出来なくなり、介護の道へと進みました。

 

長年勤めていた仕事を辞めるのをきっかけに、もう一度トリマーの道へと歩み始めました。

 

以前行っていた学校でもう一度学び直そうと思いましたが、始めからまたやり直すのも考え深く、

(さらに…)

Read More

愛犬がくれた贈り物。それは〝トリマーへの道でした。″

人も犬も、みんな幸せにするのが私の夢です。

横浜戸塚校、集中制トリミング科6ヶ月コースに通われている石川さん(25)。
入学するほんの少し前まではパティシエとして3年間沢山の人に素敵なケーキなどを提供していたそうです。
トリマーになりたいと思ったきっかけは、犬が好きということは大前提だったものの、パティシエで学んできた知識を活かしつつ大好きな愛犬のミルクちゃんの為になる技術職がしたいという思いからでした。
ミルクちゃんと日々触れ合う中で、お誕生日にはケーキを作ってあげたり、お休みの日には目一杯遊んであげたり、ミルクちゃんと過ごす限られた時間の中でこれ以上何をしてあげられるだろうかと考えている時、お母様が出来るところだけ苦戦しつつもカットしてあげている姿を見た時「これだ!」と思ったそうです。 (さらに…)

Read More
プードルカット中

好きなことをしている今が、人生で一番楽しいです

好きなことを仕事にしたい

青山ケンネルスクールの総合制に在学中の菊池さんのご紹介です。

子どもの頃からずっと犬に囲まれて育ってきた菊池さん。しかしその当時、犬は外で飼うのが当たり前で室内犬を飼うことが夢でした。そして大人になり、現在は3頭の愛犬と暮らしています。

(さらに…)

Read More

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由 第2話

最短で卒業を目指す人。知識の向上も目指す人。

スタートからゴールまで明確に出来るコースが集中制。いつでも入学出来る入学随時はフリータイム制同様、こちらのコースも同じです。
集中制の中でも<トリミング科とドッグビジネス科>の2つコースがあり、ライフスタイルに合わせた通学日数を決めて頂きます。授業開始日から数えて修了日が決まるので将来のビジョンも明確に決めることが出来るのです。
集中制トリミング科の場合、フリータイム制のカリキュラムと同様に進めていくのですが、授業時間を気にすることなく実技を行えるので日によっては2頭行う場合があり、講義もスクール側からのスケジュールを見て通うだけですので気兼ねなく通学出来ます。
通学日数については、ライフスタイルに合わせて週3日と週4日通える方を対象にしており、週3日通学で8ヶ月、週4日通学で6ヶ月で卒業が出来ます。
集中制ドッグビジネス科の場合も上記トリミング科と同じカリキュラムで進めていきますが、その中でも卒業生や開業されたオーナーさんの声から生まれたビジネスオプションを含まれており、その分トリミング科よりも修了日数がかかります。週3日通学で10ヶ月、週4日通学で8ヶ月で卒業が出来ます。
集中制のメリットは毎日のように授業に参加しますので技術の進歩がとても早いのが特徴と将来のビジョンが明確になることで、就職する場合の最大の武器になります。

(さらに…)

Read More
trimming

犬塾を機にプロトリマーへ転身

愛犬家からプロトリマーへ

新迫さんがトリマーへの道を目指そうと思ったきっかけは犬塾へ通い始めたことがきっかけでした。
横浜へ引越してきたのは2年前のこと。引越しを機に、今までしてきた介護の仕事の日にちを週1回に減らしました。
生活にゆとりの出来た新迫さんは、元々飼っていた愛犬に、さらに保護犬を迎えることとなりました。
先住犬はキャバリアキングチャールズスパニエル。愛犬が小さい頃からずっとご自身で手入れをされたそうです。そして、新たに迎えた保護犬はトリミングの必要なMIX犬。体のカットはなんとなく出来ても、顔のカットができない、、、そう思い、犬塾に入塾しました。
新迫さんが入塾したコースは、犬塾のカットコース。全12回で愛犬のトリミングを練習していくコースです。 (さらに…)
Read More