愛犬がくれた贈り物。それは〝トリマーへの道でした。″

人も犬も、みんな幸せにするのが私の夢です。

横浜戸塚校、集中制トリミング科6ヶ月コースに通われている石川さん(25)。
入学するほんの少し前まではパティシエとして3年間沢山の人に素敵なケーキなどを提供していたそうです。
トリマーになりたいと思ったきっかけは、犬が好きということは大前提だったものの、パティシエで学んできた知識を活かしつつ大好きな愛犬のミルクちゃんの為になる技術職がしたいという思いからでした。
ミルクちゃんと日々触れ合う中で、お誕生日にはケーキを作ってあげたり、お休みの日には目一杯遊んであげたり、ミルクちゃんと過ごす限られた時間の中でこれ以上何をしてあげられるだろうかと考えている時、お母様が出来るところだけ苦戦しつつもカットしてあげている姿を見た時「これだ!」と思ったそうです。 (さらに…)

Read More

アシスタントディレクターからトリマーを目指す20才女性の再挑戦!

アシスタントディレクターからトリマーを目指す20才女性の再挑戦!

青山ケンネルスクール東京校の総合制トリミング科に通う青野はるなさん(20)のご紹介です。大学進学後、部活動中心の生活に気付き働くことを決めた青野さん。初めて選んだ職業はAD(アシスタントディレクター)でした。

(さらに…)

Read More
photograph

お客様に喜ばれるサービスを提供したい 。トリマーが学ぶべき写真のテクニック

写真も生活の一部に・SNSも生活の一部に

近年、インスタグラムなどの写真や動画の投稿に特化したSNSが多くのユーザーに利用されていることで、愛犬の写真を撮る機会も増えてきました。
犬の写真といえば、普段の生活の様子や、一緒にお出かけをしている時など、様々な場面がありますが、トリミング中や、トリミング後に撮る写真も大切な思い出の一部。トリミングサロンで撮影した写真をSNSへ投稿する、お客様へお渡しするといったサービスをしているトリマーも増えてきました。
青山ケンネルスクールでは、そんな時代のニーズに合った授業「撮影テクニック」を開講しています。

(さらに…)

Read More
buelco

人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身し躍進する元OL

人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身

青山ケンネルスクール在校生ご紹介blogにて、「理系女子・人生の転機に惑わされない、ずっと続けられる仕事は何か。」で現在の職業から身近な動物業のトリマーへ転身された岩窪さん(旧姓:有江さん)のその後を追いかけました。

(さらに…)

Read More
trimming

人の美容師から犬の美容師へ

人の美容師から犬の美容師へ

自分のお店を持つ。

兼ねてからの夢を実現させるために集中制のドッグビジネス科に通われている藤田美紀さん。

以前は美容師をしており、“人”を相手にメイクアップしたり、髪の毛のお手入れをしていました。

“人”の美容師から“犬”の美容師を目指したきっかけはスクールのシャンプー体験に参加したことでした。 (さらに…)

Read More
trimming

いくつになっても、新しい事を

59歳からトリマーに

東京校の集中制ドッグビジネス科に通う秋山 裕邦さんは、今年で60歳を迎えます。30年勤めた不動産業を退職し、59歳で青山ケンネルスクールに通い始めました。

「妻が定年退職したら一緒に何かやろう」という話になり、元々トリミングに興味があったという秋山さんが選んだのが、

「トリマー」という仕事でした。

(さらに…)

Read More
trimming

今やりたいことは何か -たどり着いたトリマーへの道-

大学生かトリマーか

フリータイム制で週2日通われている米山彩季さん(25)は、週5日フルタイムで美容サロンの受付業務をしています。

現在、授業を開始してから約10ヶ月。B級の実技試験を目前に控えています。
幼少期からずっと犬が好きでミニチュアダックスフンドプードルを飼っていました。
そしてその頃から、トリマーはずっとあこがれの仕事でした。
「トリマーになりたい!」
周りの友人にも宣言していた米山さんですが、いざ進学の時期となると葛藤がありました。
「トリマーになりたい。でも大学にも行ってみたい。」
都内の2年制のトリミングを学ぶ専門学校も検討していたそうですが、
「トリマーは続かないからめたほうがいい」
「大学にも行ったら?」
などと、周囲の意見がありました。そして米山さん自身も、大学に魅力を感じ、中国語を専攻する学科の大学へ進学しました。 (さらに…)

Read More
プードルカット中

好きなことをしている今が、人生で一番楽しいです

好きなことを仕事にしたい

青山ケンネルスクールの総合制に在学中の菊池さんのご紹介です。

子どもの頃からずっと犬に囲まれて育ってきた菊池さん。しかしその当時、犬は外で飼うのが当たり前で室内犬を飼うことが夢でした。そして大人になり、現在は3頭の愛犬と暮らしています。

(さらに…)

Read More

趣味から開業へ

犬塾からトリマーへ転身

立川さんは物心ついた頃から犬を飼っていました。子供の頃から犬が好きで犬と遊び、犬がいるのが当たり前な環境で育ちました。

 

大人になっても変わらずトイプードルと暮らしていたのですが、いつも愛犬をトリミングしてもらっていた近所のトリマーさんが転勤になってしまったのを機に自分で犬をカットしてみようと思い犬塾に通い始めました。

 

犬塾のカットコースに入塾し、愛犬の爪切りや耳掃除などのお手入れの方法や、カットの方法を学びました。はじめは上手くできなかったことが多かったのですが、だんだんと自分で出来る楽しさや面白さが出てきました。

 

入塾後、一年近く経った頃、長年勤めていた個人書店が閉店になってしまい、転職を考えてました。
また、自宅の介護が落ちついて時間が出来ました。
自分でトリミングをしてみたい、何か手に職があればと思っていたこともあり、犬塾の1階に併設されたトリミングスクールに興味を持ちました。

 

スクールに通える条件と時間が揃い、最終的には先生の「スクールでトリマーやってみたらどうか」の一言でトリマーの道へ本格的に歩み始めました。

 

「趣味で気軽に始めたのがきっかけだったのですが偶然が重なりトリマーになる流れが出来ました。流れに身を任せるような感覚でした。」

 

(さらに…)

Read More

50歳までは、好きなことをやろうと決めた。

50歳までは、好きなことをやろうと決めた。

「少しでも興味のある事はなんでもやってみたい。

小さい頃から犬が好きで、興味のあったトリマーになるために、学校に通おうと決めたのです。」

そう話してくれた秋山 玲子さんは、現在、東京校の集中制ドッグビジネスに通われています。

 

短大を卒業後、銀行に勤め、

結婚を期に10年以上勤めた銀行を退職しました。

転職先として、子供が好きなことから、昔から憧れていた保育士の資格を取り保育士になりました。

とにかく好奇心旺盛で、海が好きで、スキューバダイビングの資格も取りました。

少しでも興味が有ることはなんでもやってみたい。

しかし、家庭の事情で10年以上勤めた保育士という仕事をやめざるを得なくなり、秋山さんが次に選んだのが「犬に関わる仕事」でした。 (さらに…)

Read More