Get Social With Us
神奈川県横浜市泉区のトリミングサロン「Dogサロン Peace」です。
女性トレーラー運転手から転身、一生できる仕事のトリマーに【卒業生のお店】

横浜に「Dogサロン Peace」をオープンしました

青山ケンネルスクール横浜戸塚校の卒業生・細井 恵美子さん。以前はトレーラーの運転手をしていたそうです。ご結婚を機に、フリーで配車関連の仕事に従事、支店を構えるまでになりました。その後「一生できる仕事を」と思い、青山ケンネルスクールの集中制トリミング科に入学。青山ケンネルスクール公認A級ライセンスを取得し卒業。現在は「Dogサロン Peace」のオーナーとしてご活躍。県外からもお客様が来るほどの人気サロンです。

Read More

製造業からの転職
フリータイム制A級で通われている山田早苗さんのご紹介です。
山田さんは普段、製造業のお仕事をされながらお休みを利用して通われています。
山田さんが青山ケンネルスクールへ通いはじめてから3ヶ月がたった今、近況を伺うと、
「思っていたより難しいですね。毎回汗だくです。」
と笑顔で話す山田さん。
そんな山田さんがトリマーを目指すきっかけは、高校生の時の職業紹介だったそうです。
当時、動物が好きで、ポメラニアンを飼っているということから、なんとなくトリマーさんの話を聞きに行ったところ、
「楽しそう。いつかはやってみたい!」
という気持ちが芽生えたそうです。
スクール在学中は今の製造業のお仕事と両立させ、卒業後はトリマーとして働きたいと話す山田さん。動物病院への就職も興味があるそうで、現在はトリミングに励みつつ、オプション講座のアニマルナースの受講も検討中だとか。
いつも一生懸命犬と向き合い、忙しい中でも仕事の合間をぬってスクールへ通われている山田さんをスタッフ一同応援します。
(2013年8月12日 取材)
ずっとやりたかった事

青山ケンネルスクール横浜校に通われている内田晴菜さんは、小学生の時に愛犬がトリミングから綺麗になって帰ってきたのを見てから、ずっとトリマーになりたいと思っていました。

たくさんの専門学校の説明会や体験スクールに足を運ばれましたが、その中から自宅に近く、週3日の通学で良く、トリミングが早く仕上がれば早く帰ることができるという点に魅力を感じ、本校のトリミング科集中制10ヶ月コースに入学されました。
初めてトリミングをしてみて、苦労される作業もありますが、「ずっとやりたかった事なので毎日が楽しい。早く学校に行きたいと思っています。犬を相手にする仕事に就くのが夢だったので、着実に夢に向かって前進しているようで楽しいです。」と、おっしゃっていました。
オプション講義でドッグシッターも受講されており、その中のドッグマッサージの講義を特に楽しみにされています。
少々人見知りの内田さんですが、自営を見据えて接客の練習をしたり、様々な年齢層の生徒さん達と会話したりすることで少しずつ自分を変えていこうと努力されています。
まずは「犬の扱い方」をしっかりマスターし、卒業までにトリミング技術をしっかりと身に付け、全ての犬に愛されるトリマーになることが今の目標です。
そして、将来的には開業し「マッサージができるトリミングサロン」として、おうちに遊びに来たような気軽に入ることが出来るお店にしていきたいと考えています。
これからも犬との触れ合いに喜びを感じながら、一所懸命トリミングに励んでいってほしいと思います。
(2013年7月15日 取材)
どこに行っても通用する資格

青山ケンネルスクール横浜校に通学して1ヶ月の石井彩也さんは、ご実家を離れ、アルバイトをしながら青山ケンネルスクールに通われています。本日は石井さんにお話を伺いました。

「幼い頃からいつも傍に犬がいる生活をしてきましたが、犬のいない環境で生活してみて、せめて仕事で犬と接していたい、と思うようになりました。
また、叔母がトリマーとして働いており、引越しの都度、トリマーとして再就職をすることができている姿を見ていて、自分もどこに行っても通用する資格を持って働きたいと思うようになりました。
その叔母が青山ケンネルスクールの卒業生ということと、短期間で資格を取得できるという点に惹かれて、青山ケンネルスクールに入学しました。
スクールでは、様々な年代の生徒さんがいて、みんなでわいわい話をしているのが楽しいです。
卒業後は、しっかりとした知識と技術と経験で、お客様にどんなことを質問されても堂々と答えることができるトリマーになりたいです。
そのためにも、まずは、リボン付けを練習しなければ・・・」
と、最後に目下の目標を語ってくれました。
青山ケンネルスクールでは、トリミングの技術を習得する実技授業と並行して、犬に関しての知識を身につけるための講義も受講していただきます。
確かな知識と技術を身につけた叔母様のようなトリマーになれるように、これからもスタッフ一同で石井さんをサポートしていきます。
(2013年7月9日 取材)
マッサージ師からの転職

集中制6ヶ月コースで通われている中沼美華さんのご紹介です。

中沼さんは、トリミングを学ぶ前にドッグマッサージの勉強をされていました。
しかし、マッサージの資格のみだと仕事に結びつけるのが難しく、マルチーズ、ペキニーズ、ポメラニアンの愛犬を飼っていることからも、トリミングを学ぶ決心をしたそうです。
青山ケンネルスクールへ入学してからのことを尋ねると、「楽しいです。でもマッサージの時には学ばなかった犬のコントロールが難しい。」と話す中沼さん。
マッサージの勉強は愛犬で行っていた為、犬をコントロールするということは学ばなかったそうで、最初のうちはトリミングで疲れてしまうこともあったのだとか。
A級のテストを間近に控えた中沼さんは、現在自宅での開業に向けて家の一角にトリミングスペースを作る計画をされているそうです。開業したトリミングサロンではもちろんマッサージも取り入れるのだとか。「卒業生で開業されている方の店舗を見学したい。」と、開業へ向けて着々と準備を進めている中沼さんをスタッフ一同応援します。
(2013年7月3日 取材)
オプション講義

青山ケンネルスクールには、曜日を固定して週3〜4日通学する集中制に加え、お仕事をされている社会人の方が休日を利用して通学することができるフリータイム制があります。

毎日が一人一頭完全仕上げの充実した実技授業で、短期間でも確かなトリミング技術を身に付けることができます。
また、通常の必修講義とは別に生徒さんの希望で好きな講義を選択して受講できるオプション講義も多数ご用意しております。
この日に行われたオプション講義は「ポジティブドッグトレーニング」で、愛犬に生徒さん自らがトレーニングをしていくことで生徒さんと愛犬が一緒に学んでいくことができます。これまで室内でみっちり行なってきた「お散歩トレーニング」の成果を屋外で実践しました。
青山ケンネルスクールのポジティブドッグトレーニングは、犬がトレーニングを好きになり積極的にトレーニングに取り組んでいける様に構成しています。生徒さんにも愛犬にも無理なく楽しく学ぶことができるのが1番の特徴となっています。
トリミング技術に加えトレーニング技術も兼ね備えていれば、トリミング中の犬のコントロールがスムーズになります。そうなることでトリミング作業時間の短縮や犬の負担軽減にもつながります。
トリミング技術+αの技術を自由に選択できるので、他のオプション講義も受講して就職や開業に有効活用されている生徒さんも多いです。
現場で即戦力となれるトリマーを目指して、今日もたくさんの生徒さんが青山ケンネルスクールで楽しく学ばれています。
 
(2013年7月1日)
愛犬との時間を

青山ケンネルスクール横浜校に現在通われている杉本洋子さん。

杉本さんは現在のお仕事に特に不満はありませんでしたが、この先もずっとこの仕事を続けるのか、この仕事は自分のやりたいことだったのか、と考え始めるようになりました。
それから2年間、「犬に携わる仕事を」と考え、いくつかのトリミングスクールに資料請求などしながらも悩み続けていました。
しかし、2頭の愛犬が徐々に歳を取っていることを感じ、「この子達と一緒の時間を過ごしたい」という思いが強くなり、現在の仕事を続けながら通える”フリータイム制”のある青山ケンネルスクール入学を決めました。
通学には少し時間がかかりますが、仕事を辞めずに資格を取れる、という点が決め手だったそうです。
最近では、2頭の愛犬のトリミングがご自分で出来るようになり、散歩中に、上手ですね、うちの子もお願いします、と頼まれるようになったそう。
ゆくゆくは、杉本さんはトリミングをし、そこで旦那様は好きな料理を振る舞えるようなお店にしたい、と語ってくださいました。
「遠い夢ですよ、老後のお楽しみです」とおっしゃっていましたが、そんなことはありません。
ご夫婦の素敵な夢に向かって、スタッフ一同、応援させていただきます!
(2013年6月13日 取材)
介護士からの転職

青山ケンネルスクール横浜校に通われている熊田千香さんは介護士として働きながら本校でトリミングを学んでいます。

現職からの転職を考え、「好きなことは何か」を考えた時に「犬が好き」「犬に携わる仕事がしたい」と思い立ちトリマーになることを決意し、仕事を続けながら空いた時間に通うことができる本校のフリータイム制でご入学され、週に1日のペースで通われています。
以前は仕事以外の時間をもて余していましたが、今では仕事とトリミングとで生活にメリハリがでて楽しいとおっしゃっていました。
ジャックラッセルテリアを3頭飼われていて、ハサミでカットするだけではなく、毛を抜く技法もあることを知り、今では愛犬のプラッキングは全て1人で行っています。
ご実家が美容院をされており、卒業後は店舗を改装してトリミングサロンを開業される予定です。開業に向けて自由に選択することができるオプション講義から、ビジネスやドッグメイクアップなどの受講を検討されています。
『お客様に「かわいい」と言ってもらえるカットとプラッキングができるお店』を目指して日々努力されている熊田さん。
夢の実現のために本校スタッフも全面バックアップしていきます。
 
(2013年6月11日 取材)
一歩前進

青山ケンネルスクール横浜校の集中制を先日ご卒業された秋本さん。

動物関係の大学を卒業し、動物病院に就職しようと思っていましたが、さらにトリマーの技術もあればより良いと考え、青山ケンネルスクールに通学しました。
在学中は、同じ目標を持った仲間と切磋琢磨し、そして担当した犬とコミュニケーションを取りつつ、しっかりコントロールしながらとても真剣にトリミングを学んでいました。
卒業した今、秋本さんに感想をお伺いしたところ、スクールは毎日とても楽しかったです、と語ってくれました。
現在は、いくつかの動物病院の研修を経験し、当初の目標である動物病院以外に、より幅広いカットを経験できるトリミングサロンへの就職も視野に入れ活動しているとのことです。
「まずは働きながらさらに技術を磨きたい。そして将来的には自分の思い通りの働き方をしようと考えたら、やっぱり開業かな、と考え始めています。」とこれからの目標を話してくださいました。
トリマーとしての新たな一歩を確実に踏み出した秋本さん。
秋本さんのこれからのご活躍を楽しみにしています!
(2013年5月30日 取材)
犬の保定

青山ケンネルスクールでは毎回1人1頭仕上げです。

スクールに来て下さるお客様の中には、トリミングが苦手な子もいます。
爪切りや耳掃除、カットをする時に重要になってくるのが、犬の保定方法です。
保定次第では、嫌がる事なくさせてくれる場合も多々あります。
犬の扱い方をどれだけ学べるかによっても、トリミング時のスピードアップや犬への負担を軽減する事が出来ます。
犬の毛をカットする方法を学ぶだけでなく、犬の扱い方を学べるのは1人で1頭仕上げるから。
在学中から1人で仕上げる方法を、あなたも青山ケンネルスクールで実践してみませんか?
(2013年5月22日)