50歳までは、好きなことをやろうと決めた。

50歳までは、好きなことをやろうと決めた。

「少しでも興味のある事はなんでもやってみたい。

小さい頃から犬が好きで、興味のあったトリマーになるために、学校に通おうと決めたのです。」

そう話してくれた秋山 玲子さんは、現在、東京校の集中制ドッグビジネスに通われています。

 

短大を卒業後、銀行に勤め、

結婚を期に10年以上勤めた銀行を退職しました。

転職先として、子供が好きなことから、昔から憧れていた保育士の資格を取り保育士になりました。

とにかく好奇心旺盛で、海が好きで、スキューバダイビングの資格も取りました。

少しでも興味が有ることはなんでもやってみたい。

しかし、家庭の事情で10年以上勤めた保育士という仕事をやめざるを得なくなり、秋山さんが次に選んだのが「犬に関わる仕事」でした。 (さらに…)

Read More
sawa2

仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由でもご紹介した、仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制は、実技授業の時間分をチケットにて納めます。また、通える日数も週1日から可能。仕事がお休みの時、空いている日がある時に、予約制にて受け付けています。
横浜戸塚校に通う、石井さん(25)も仕事の休みを利用して週1日通っています。
小さい頃から動物が好きで、犬を飼いたい時期があったのですが、その時期を逃していた所、4年ほど前にトイプードルが家族の一員になったことから
奮起して資格を目指す事になりました。

(さらに…)

Read More

青山ケンネルスクール卒業生には開業者が多いのはなぜか?

「なぜ、青山ケンネルスクールの卒業生は開業する方が多いのですか?」

「なぜ、青山ケンネルスクールの卒業生は開業する方が多いのですか?」と、学校説明会にご参加下さった方々から、多く質問されます。青山ケンネルスクールを卒業と同時に「開業」ができるのは、なぜなのか、、、今日は、青山ケンネルスクールの開業に向けたカリキュラムについてご紹介して行きましょう。

(さらに…)

Read More

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由 第2話

最短で卒業を目指す人。知識の向上も目指す人。

スタートからゴールまで明確に出来るコースが集中制。いつでも入学出来る入学随時はフリータイム制同様、こちらのコースも同じです。
集中制の中でも<トリミング科とドッグビジネス科>の2つコースがあり、ライフスタイルに合わせた通学日数を決めて頂きます。授業開始日から数えて修了日が決まるので将来のビジョンも明確に決めることが出来るのです。
集中制トリミング科の場合、フリータイム制のカリキュラムと同様に進めていくのですが、授業時間を気にすることなく実技を行えるので日によっては2頭行う場合があり、講義もスクール側からのスケジュールを見て通うだけですので気兼ねなく通学出来ます。
通学日数については、ライフスタイルに合わせて週3日と週4日通える方を対象にしており、週3日通学で8ヶ月、週4日通学で6ヶ月で卒業が出来ます。
集中制ドッグビジネス科の場合も上記トリミング科と同じカリキュラムで進めていきますが、その中でも卒業生や開業されたオーナーさんの声から生まれたビジネスオプションを含まれており、その分トリミング科よりも修了日数がかかります。週3日通学で10ヶ月、週4日通学で8ヶ月で卒業が出来ます。
集中制のメリットは毎日のように授業に参加しますので技術の進歩がとても早いのが特徴と将来のビジョンが明確になることで、就職する場合の最大の武器になります。

(さらに…)

Read More
TORIMO

技術職に憧れトリマーを目指すハンサムウーマン

技術職に憧れていた。職人になりたい。

横浜戸塚校フリータイム制に通われている鈴木さんは妻であり、中学2年生の娘さん、小学2年生の息子さんの母であり、釣り船屋の女将です。女将の傍、空いた時間を使い、自宅開業を目指し、スクールに通われています。夢を現実に変え、なりたい自分へと進み続けるハンサムウーマンです。

(さらに…)

Read More
trimming

犬塾を機にプロトリマーへ転身

愛犬家からプロトリマーへ

新迫さんがトリマーへの道を目指そうと思ったきっかけは犬塾へ通い始めたことがきっかけでした。
横浜へ引越してきたのは2年前のこと。引越しを機に、今までしてきた介護の仕事の日にちを週1回に減らしました。
生活にゆとりの出来た新迫さんは、元々飼っていた愛犬に、さらに保護犬を迎えることとなりました。
先住犬はキャバリアキングチャールズスパニエル。愛犬が小さい頃からずっとご自身で手入れをされたそうです。そして、新たに迎えた保護犬はトリミングの必要なMIX犬。体のカットはなんとなく出来ても、顔のカットができない、、、そう思い、犬塾に入塾しました。
新迫さんが入塾したコースは、犬塾のカットコース。全12回で愛犬のトリミングを練習していくコースです。 (さらに…)
Read More
トイプードルトリミング

子育てが終わった主婦から自立が出来る女性でありたい。

子育てが終わった主婦から自立が出来る女性でありたい。

青山ケンネルスクールは短期で資格を修得出来る「集中制6ヶ月」コースを開設して人気あるコースです。

通われる方の希望曜日、4日間を好きに選択して通います。その多くは、通学に少し時間にゆとりのある方でアルバイトや主婦の方です。

また早く就職をしたい方が希望されているので、「手に職」を持ったらすぐに働くという意識があります。

河合さんには、社会人と今年大学に入学したお子様がいらっしゃる主婦です。

お子様が自立したのをきっかけに、昔から犬や猫を飼っていたし動物が好きなことで、自分も自立しようと決心してトリマーの道へ足を運びました。

ご結婚する前は、アパレル業や事務職をしてましたが、結婚後に退職して働く事がないまま、心のどこかに、動物関係の仕事に憧れていた自分がいたために決心したのです。

いろいろなことから「何かしたい」という気持ちが強い同じ境遇の方も多いと思います。

特に、子育てが一段落した女性は第二の人生を歩むために好きなことを見つけることがポイントです。趣味や仕事でもなんでもいいのですが、犬の仕事は好きであれば、趣味の延長線であり収入もあります。

「43歳でトリマーになります。」でご紹介した方も子供の手が離れる今にタイミングを置いて第2の人生をスタートしました。

(さらに…)

Read More

事務職を経て実感。手に職をつけることの大切さ。

事務職を経て実感。手に職をつけることの大切さ。

ペットを飼っている割合は、3世帯に1世帯とよく言われますが、飼っていない割合は逆の3世帯に2世帯という日本の現状。もっと日本にペットが増える環境をいろいろな方向で整備していくと心豊かな日本人に変わることがあるでしょう。

そして犬の頭数も増えたいまだからこそ、必要とされるのがトリマーです。トリマーの数は不足状態にあります。そんな今だからこそ、トリマーの活躍のときです。事務職を経て実感した、ずっと続けられる仕事がしたい、好きなことをしたいという想い。
本日、紹介するのは青山ケンネルスクール横浜戸塚校で集中制ドッグビジネスコースに通う三瓶香織さんです。

(さらに…)

Read More

「働くこと」をもっと楽しく生涯続けるために。

「働くこと」をもっと楽しく生涯続けるために。

今の仕事に不満はない。でも、5年後・10年後の自分を想像した時、どこか不安がある。そんな会社員の方たちが男女問わず、青山ケンネルスクールの説明会に多くご参加される傾向にあります。

女性であれば特に、人生の節目である結婚や出産・育児中に、今の仕事を続けていけるのか。

男性では、会社の将来性や定年退職後の生活を考えた時、会社に属せずに自身の力で開業し、生涯続けられる仕事にシフトチェンジをするチャンスに向けて今から備えておきたい。

(さらに…)

Read More

幅広い知識を持っているトリマーはビジネスオプションを受講しています。

幅広い知識を持っているトリマーはビジネスオプションを受講しています。

ペットショップ、トリミングサロンにいるトリマーの使命は、お客様と愛犬との生活を過ごしやすくするために、清潔にするトリミングをしているわけですが、
それ以外にも、お客様へのアドバイスは欠かせません。トリミング中で気づいた犬の状態や健康面をお伝えすることからはじめ、お客様からの相談事も受けることは多々あります。
その中で、生活面のことについては、しつけのことが一番相談を受けることがあります。

今までなかったが、飼い主さんが出かけようとする少し前からソワソワし始めて、出かけることに罪悪感が生まれてしまって困っている。
家に帰ると、いつもは出来ているトイレの場所から離れた所でしてしまっている。
お散歩中にグイグイ引っ張って、他の犬に対して吠えてしまう。
健康面については、
最近食欲が無く、いろいろあげても食べない。
耳の中が汚れているから掃除はしたいけどやり方がわからない。

と色々と話がありますが、それでも犬を扱っているプロなら困っている飼い主さんにアドバイスが出来、トリミング受付等のカウンセリングでコミュニケーションが生まれます。
このようにすることで、信頼のあるトリマーとしてお客様から愛させるでしょう。このようなことを解消するために、青山ケンネルスクールでは興味のある分野や受講項目を好きに選択できます。全ては、飼い主さんと実際に会っている卒業生たちからの声から生まれました。

これについては、「できました。ビジネスオプション」で紹介されています。

総合制には、ビジネスオプションが付帯しています。

多頭飼いの犬との生活の中でトリマーを目指そうと思い、横浜戸塚校に通う鈴木舞花さん。過去に5頭の犬を飼っていた時があり、その中で3頭のトイプードルを自分で出来るところだけカットをしていました。気をつける点もわからず、好きなようにカットした後に何ヶ月に1度はトリミングサロンに犬たちを連れていっていました。そこで、サロンから帰ってくる愛犬を見たときに、こんなにも仕上がりが違うのだと驚いたりする中で、どうしたらこのように出来るのか?他の犬でも出来るのか?と研究しながら過ごしていましたが、本格的にこのような仕上がりにしてみたいと思いトリマーの道へ進む事を決意しました。コースを選ぶ中で、トリミングA級のライセンス以外にも、アドバンストリマーの資格を取ることが出来たりビジネスオプションを受講出来たり充実した総合制を選ぶことで、就職活動に役立つと思ったことと手に職』の技術資格を修得して自分力を更にアップ」にもあるように、トリミングの全ての知識を学びたいと思ったからだと言います。

スクールに通いながらアルバイトをして1日充実した日々を過ごしてます。

将来は自営業をしてみたいという気持ちはあるものの、今はトリマーとしての知識を積み、まずは動物病院に併設されたサロンで働きたいと思っています。
夏に短期で動物病院でのアルバイトをスクールが終わったあとや休日の日に働いて経験をした中で、動物に関わる仕事は楽しいとさらに思いました。以前にも横浜戸塚校に通われて「オプション「ビジネス」で気持ちの変化が」と言うようにトリマーとしての気持ちが向上されています。今後は、ホテルや生体販売、犬用グッズの販売の仕事にも携われる職場で働いていこうと考えている中で、スクールに通っている事情を話したりすると、短期でも夕方からでも以外に求人があることを知り今後の自分の為にさらなる経験を積んでいきたいと、高校生の頃から働いているバイト以外にも加えたいと考えています。
スクールを卒業したら、動物看護士の資格も取りたいと話す鈴木さん。トリマーの知識だけでなく、看護知識も合わせて持つことで、更なるレベルアップをしていきたいそうです。

Read More