freetime

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由 第1話

トリマーになろうと決心した時に、すぐに始められる青山ケンネルスクールの特徴である随時入学制度。

青山ケンネルスクールは、フリータイム制からスタートした経緯があります。

働きながら通って技術習得を目指すためにも、春・秋の入学制度ではなく、毎月定員制での入学募集を1986年開校当初より行っています。
その為にも毎週の如くスクール説明会を開催し、コースの説明や将来のビジョンをアドバイスしております。個別に近い形だからこそ不安も和らぎ、その先の自分が見えてくるのです。その後、入学を決意した際には、入学時のその当日から授業が開始出来るのです。なるべく早く授業に取り組み、自分の計画の中で卒業を目指していきます。
本日は、2017年4月以降にフリータイム制に入学した方をご紹介します。 (さらに…)

Read More
トリマーの就職先

トリマーの就職先について考えてみる。

トリマーの就職先について考えてみる。

トリマーの道に進むことを決意した後は、その先について考えます。トリマーの資格は各々の学校による基準を満たした資格が付与され、卒業後には、ペットショップ・トリミングサロン・動物病院が主に就職する場になるでしょう。

青山ケンネルスクールの2016年の卒業生の進路を調べてみました。

ペットショップ内や動物病院のトリミング部門に配属されていますが、殆どの方はトリミングに従事しています。

この中で、青山ケンネルスクール独自の求人サイトを利用しながら自分の気に入った就職先を探して採用が決まった方や、通勤圏内から選択しています。

就職先には、青山ケンネルスクール卒業生が開業しているSHOPに勤めたり、卒業生がチーフトリマーや先輩にいるなど働きやすい環境もあるようです。

(さらに…)

Read More
TORIMO

技術職に憧れトリマーを目指すハンサムウーマン

技術職に憧れていた。職人になりたい。

横浜戸塚校フリータイム制に通われている鈴木さんは妻であり、中学2年生の娘さん、小学2年生の息子さんの母であり、釣り船屋の女将です。女将の傍、空いた時間を使い、自宅開業を目指し、スクールに通われています。夢を現実に変え、なりたい自分へと進み続けるハンサムウーマンです。

(さらに…)

Read More
trimming

仕事の選択 好きなこと・嫌いなこと

好きなことを仕事にしているのは3人に1人

「自分の好きなことを仕事にしたい」そのように思ったことはありますか?

内閣府の調査によると、若者が仕事を選ぶ理由として「自分の好きなことができる」が90%であるという結果が出ています。ところが、実際には仕事に就いている人で自分の好きなことができる仕事に就いているのは32.5%と、約3人に1人なのだそうです。(平成24年版子ども・若者白書より)収入が多い仕事、安定している仕事が求められる中、葛藤の末に好きな仕事への一歩を踏み出した生徒さんのご紹介です。 (さらに…)

Read More
ストーン

将来のライフワーク

娘の一言

小学5年生の娘が「ペットショップで働きたいな」と言った一言で石田さんのトリマーへの扉が開きました。
何気ない娘との会話の中で出た言葉。石田さんは不動産関係のお仕事をご主人と経営しています。比較的時間に余裕があり今の仕事と平衡しながら何か家で出来る仕事はないかな?と調べていた時にたまたま会話に出てきた娘の発したキーワード。「ペットショップで働きたいな」トリマーを目指したきっかけはこの一言でした。 (さらに…)

Read More
トリミング

やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

やっと見つけたやりたい仕事。犬の大学に入りました。

土屋伶果さんの小さいころの夢は、ケーキ屋さんになること。
もともと犬が苦手で触ることも出来なかった土屋さんは、今自分がトリマーを目指しているなんて信じられないといいます。そんな土屋さんが選んだコースは青山ケンネルスクールの総合制でした。土屋さんが総合制を選んだのは、科目数の多さが魅力的だったから。
集中制がトリミングを学ぶ専門学校なのに対して、総合制は知識をたくさん増やすことのできる、犬の大学のように感じたそうです。

(さらに…)

Read More

「働くこと」をもっと楽しく生涯続けるために。

「働くこと」をもっと楽しく生涯続けるために。

今の仕事に不満はない。でも、5年後・10年後の自分を想像した時、どこか不安がある。そんな会社員の方たちが男女問わず、青山ケンネルスクールの説明会に多くご参加される傾向にあります。

女性であれば特に、人生の節目である結婚や出産・育児中に、今の仕事を続けていけるのか。

男性では、会社の将来性や定年退職後の生活を考えた時、会社に属せずに自身の力で開業し、生涯続けられる仕事にシフトチェンジをするチャンスに向けて今から備えておきたい。

(さらに…)

Read More
トリマーを60歳から始める

定年退職後の60歳からトリマーに転職しました。

定年退職後の60歳からトリマーに転職しました。

青山ケンネルスクール横浜戸塚校に入学した動機は、定年退職の後の自分を想像したからです。

以前、「定年退職後を見据え働きながら資格を取得しています」でご紹介した野中さんは、勤続年数約33年と長年勤めた制作会社に勤務していました。昨年夏には体の一部と同じ感覚で居た場所を感謝しながら退職し、第2の人生を歩むことを決意しました。

青山ケンネルスクールを卒業後、スクールの紹介の求人面接に行ったり、職業安定所で見つけたトリミングサロンに面接に行きましたが中々ご縁がない状態。スクールに在学中に自宅開業をするかKENNEL STYLEを利用するかも視野に入れていたので、すぐにではなく自分のペースで過ごしていた所、劇的な出会いのある動物病院へ就職をしました。 (さらに…)

Read More

子育てママさんトリマー

子育てママさんトリマー

幼稚園の年長組から青山ケンネルスクール横浜戸塚校に通学して、息子さんも今春小学1年生になりました。
少し、時間に余裕が出てきたかと思っても、長期のお休みで在宅しなければならない状態が続いており、こう言った中でも自宅で仕事ができればもっといいと思っているそうです。
自宅は2世帯住宅、ご両親の介護も見ながらお子様を育て、トイプードル3頭を飼育している平藤さん。毎日が忙しい中でもスクールに来ると同じ目的を持った同志に会えて和んでいるようです。
トリマーを目指すのは、昔から気になっていた職でもあり、手に職に魅力を感じていたのですが、実は、介護から少し離れたかったこともあるようです。認知症でもあるご両親を見ていると、このまま自分の時間がなくなってしまう。まだ、平気な内に、技術を磨き自宅で開業できれば、仕事もしながら介護もできること。
また、お子様の見本になればとも思って、ご自身の時間のある時に授業が受けられるフリータイム制を志願しました。

副業の経験から、先を見て

平藤さんは、旅行会社勤務からお花屋さんに転職し、ご結婚を期に退職。
専業主婦をしながら周りを見ていると、自宅近隣には犬が多いのとお年寄りが犬を飼っていたり、お仕事で忙しい飼い主を見る機会があったそうです。それではと考え、副業としてペットシッターの資格を取得し、近隣のペットのお世話をすることになりました。
平藤さんの真面目な性格が目に留まり、1日多くて7頭。月に休みなくお世話をしていたが、妊娠をきっかけにお仕事をセーブして、5年続けていたペットシッターの仕事を辞めることになりました。以前にもペットシッターからトリマーに変身した群馬から通学されていた方もいらっしゃいます。
そのような、リサーチ力があるため、いつかは自宅でトリミングサロンをすれば、地域密着型で喜んでもらえることがあるはずとお考えのようで、「今できることを身につけたい」ことから、昔から気になっていたトリマーを学ぶことになりました。
もちろん、家にいる3頭のトイプードルもカットできたらとも思って、技術さえ身につけば家で仕事ができることも兼ね備えての判断です。
今年中には卒業予定ですが、徐々に自宅開業の準備をしています。
青山ケンネルスクール横浜戸塚校への通学は、50分ほどかかりますが、お子様やご両親の体調などを見ながら通学しています。

子育てしながらトリマーを目指す方はたくさんいます。

子どもが幼稚園に通っている間は、自由に動ける時間。だから、週3日はスクールに通って、残りの週4日は仕事をすることに決めました。

正直、娘の年頃って、急に熱をだすことも多く、急にお休みをいただくことも多くて、その分、振替などをスクールにお願いすることもありました。もちろん、本当に忙しいときは、家事などを実家の両親にお願いすることも。 (さらに…)

Read More
雀

新年度トリマーになるためのスクールがスタートしました

新しい一年が始まりました

授業風景

新年度と共に、青山ケンネルスクールは「世の中にトリマーを多く輩出することで困っている飼い主さんを減らす」というスクール理念の中で新たなスタートを切りました。

生徒さんにとって成長の年になるよう、スタッフ一同、日々精進をしていきますので、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

憧れの動物業界へ  -ママさんトリマーへの挑戦-

トリミング

集中制トリミング科A級コースの河合さん。

昔から動物業界に興味があり、できるだけ早く手に職をつけるために、集中制を選びました。

家事に子育てに忙しい合間をぬって、スクールに通われています。

今から半年後にはプロのトリマーに。ママさんトリマーを目指すスタートです。

愛犬のトリミングからプロのトリマーへ  -犬塾からの転身-

犬塾からトリマーへ

もともとは犬塾で愛犬のトリミングを学んでいた新迫さん。

レッスン中に見ていた、スクールの実技室がとても楽しそうに見えたことから、自分もプロのトリマーを意識するようになってきました。犬塾のレッスンも終盤になるうちに、その気持ちが高くなり思い切ってトリマーへの道を歩むことを決意しました。

自営を目指して、新トリマーのスタートです。

開業へ向けて -ビジネスプション受講-

トレーニング

昨年7月よりフリータイム制で通われている和泉さん。

今後の自分の人生を考えて選んだトリマーの世界。

通い始めると犬のことを知れば知るほど面白くなり、トリミング実習も楽しい時間を過ごすことが増え、次第に自然と開業を考えるようになりました。

そこで受講を決めたのが、ビジネスオプション。

オーナートリマーへの道のスタートです。

社会で活躍する女性の中には、結婚そして出産しても仕事を続けられるようにと、夫が育休をとるといったケースも今では珍しくないようです。しかし、中にはやむおえない事情から仕事を続けられない女性もいます。例えば、ご主人の仕事の都合で転勤が多いケース。新天地での仕事を望むが、限られた職種や雇用環境からなかなか就職できないという女性も多いそうです。 (さらに…)

Read More