育児と夢の両立

青山ケンネルスクール横浜校に集中制10ヶ月で通われている袖本たまみさんは、トリマーになることが小さい頃からの夢でした。しかし、美容師をしていた母から「美容師なら良いが、犬のトリマーはダメ」と反対され、デパートの販売員になりました。

 
結婚し、ご主人の自営業を手伝ううちに、「この先就職するとしても資格を持っていなければ選択肢が限られてしまう。
飽きっぽい私でもペット関係の仕事なら続けられる。」と考えるようになり、再びトリマーを目指すようになりました。
まだ子どもに手が掛かるので週3日位で通いたいと思い、ご友人の方と一緒にスクールを調べ、時間に都合がつきやすい本校の、袖本さんは集中制10ヶ月コース、ご友人はフリータイム制でご入学されました。

 
実際にトリミングをしてみての感想は「想像以上に難しかった」そうです。なかなか上手に仕上げることが出来ず悩んだ時期もありましたが、日々の積み重ねにより今ではだいぶ自信がもでるようになったようです。
「もっと可愛くカットしたい」「色々な犬種・バリエーションをカットしてみたい」と常に向上心を持って実技に臨まれています。

 
目標は自宅開業!
近所のご友人と協力して、トリミングもペットホテルも犬具販売もやり、いつでも楽しい雰囲気のお店にしていきたいそうです。
社会人の方の「一度は諦めた幼少期の夢の実現」のために、青山ケンネルスクールはこれからも尽力していきます。

(2013年9月7日 取材)