再チャレンジでトリマーに転職した40代の成功例

再チャレンジでトリマーに転職した40代の成功例

老後の人生だなんてまだまだ!そう思う40代50代は多いはず。
しかし、生涯年齢が伸びているにもかかわらず、一般企業の雇用期間は終身雇用制度が崩壊したまま著しい変化は見られず…
自分らしい生き方を手に入れた3人の社会人女性にみる「40代からの再チャレンジ」にトリマーへの転職を選んだ理由とは?

  • 「老後の人生は、40代〜50代の過ごし方で決まる」と言われています
  • 女性の40代からの転職。再就職はあたりまえの時代に
  • 40〜50代は、最後の夢に使える10年間
  • 「40代からの20年は“自分らしい働き方”をしたい」
  • トリマーは40代からの「再チャレンジキャリア」に最適な職業
  • 企業人から一転、好きなことで自宅サロンを開業

「老後の人生は、40代〜50代の過ごし方で決まる」と言われています

人生50年…そう言われた時代もありましたが、今の日本の男性が80.21歳、女性が86.61歳。
30年も人生の時間が伸びたのなら、シニアからの過ごし方も違って来るはずなのですが、一般企業の雇用期間はほとんど変わっていません。
生涯年齢が延び、定年を迎えたシニアからの人生が長くなり、充実した人生後半の20年をどう過ごすかが人生の課題となる時代がきています。

平均寿命推移(1947〜2013年、日本)

  • 日本人男性の平均寿命

  • 日本人女性の平均寿命

女性の40代からの転職。再就職はあたりまえの時代に

人生80年になった現在、40代はまだまだ半分にしかなりません。
転職を考えるなら30代まで!なんて言われ時代ではなくなりました。
一般の企業における終身雇用制度で考える会社人生40年という計算でも、会社人生はまだまだ半分です。
また、少子化もあり、女性も大学に進学する人も増えたことで、社会人となる年齢も高くなりました。
その為、出産する年齢も上がました。
参照グラフの推移を見てみると、第1子を出産した平均年齢が2012年は30.3歳と前年から0.2歳上がって過去最高となるなど、「晩産化」が一段と進んでいます。
これらは、2014年版「少子化社会対策白書」でも明らかになっています。
30代では、育児や仕事との両立などで大変多忙な時期となっているため、転職を考える事が少ない世代になるようです。

高等教育への進学率

参考:学校基本調査

母親の平均出生時年齢の年次推移

参考:厚生労働省「人口動態統計」

40〜50代は、最後の夢に使える10年間

とある雑誌のアンケートの中で、「何歳まで働きたいか?」という質問に対する回答で、シングル女性の平均が63.1歳、既婚女性で61.9歳という結果が表れました。
60代まではしっかり働きたい」という女性が大多数であることがわかります。
働きたい理由には、「社会と接点を持ち続けていたい」「ずっと働き続けられる自分でいたい」「体力的に可能な限りは、ずっと仕事をして稼ぎ続けたい」など多く女性が働く事にとても前向きであると言えます。

40代からの20年は“自分らしい働き方”をしたい」

多くの女性が働く事を望んでいますが、実際には現在の仕事や生活に満足しているかというとそうでもないようです。
専業主婦だった女性もキャリア組の女性もこれから20年以上働き続けるのなら、「自分が本当にやりたいと思える仕事」「できたら会社人でなく、自分の力で出来る仕事」など独立をも視野にいれたビジネスライフを考えているようです。
「自分らしさ」を活かせる仕事を実現させるための“再チャレンジ”。
有意義なシニア時代を過ごして行くためにも4050代は、この“再チャレンジ”キャリアに時間を使える年齢なのかもしれません。

「長くできる仕事を、そして、好きなことを」とトリマーに転職した細井さんのブログはこちら。

女性トレーラー運転手から転身、一生できる仕事のトリマーに。

トリマーは40代からの「再チャレンジキャリア」に最適な職業

社会人になってから選択する手に職「トリマー」の特徴として、

  • 定年がないため、いつまでも働ける仕事
  • 技術職であるため、独立することができる仕事
  • 好きな事で働ける仕事
  • 犬を通じて多くの人と出会い関わることができる仕事
  • 手に職を通じてお手入れなどの技術を教えることもできる仕事

があげられます。
これらは少なくとも社会経験を培った大人にこそ与えられる天職かもしれません。
青山ケンネルスクールでは、多くの40代の生徒さんが自分にあった仕事を見つけて成功しています。

愛犬をきっかけに天職を見つけたという亀田さんのブログはこちら。

トリマーになるきっかけをくれた イングリッシュコッカースパニエルとの出会い

企業人から一転、好きなことで自宅サロンを開業

東京都世田谷区用賀。
真っ白なお店に太陽のような笑顔で飼い主さんと愛犬の幸せ作りをしているのが、青山ケンネルスクール卒業生の白井まゆみさんです。

どうしてトリマーに?


トリマーになる前は金融関係の企業で働いていて、お店をやろうなんて、さらさら考えていませんでした。
もともと犬は好き。たまたま二子玉川の緑地で知り合った保護犬の里親探しのボランティアの方たちを 手伝っているうちに、捨てられてひどい状態の犬たちをきれいにしたいと思いました。
今思えば、それがト リミングを学ぼうと思ったきっかけ。
ちょうど子育てが一段落したときに学び始めました。
青山ケンネ ルスクールでは、すべてのことを学ばせてもらいました。
毎日が必死でした。一頭を任されるので、今日は どんな犬なんだろうと、毎朝、お腹が痛くなるくらい。
劣等生でしたから夕方になっても終わらず、残っ てやっていた覚えがあります。

青山ケンネルスクールで学んだこと。


青山ケンネルスクールは、先生たちの犬に対する接し方がきちんとしていました。
犬を犬として認めて、気持ちを大切にする扱い方をしていたような気がします。
今、こうしてお客様の犬を想う態度と技術でお仕事できているのも、 あの先生たちから学んだおかげだと思います。
半年間の集中コースで学んで、一人立ちしたことのことを考えて、トレーニング、プードル、テリア専科も受講しました。
家族も自宅ガレージをサロンにすることに賛成してくれて、スクールを修了して3ヶ月後にはお店をオープンしていました。

世田谷区用賀にドッグハウス マーデヤンスをオープン。


最初は不安でしたから、お客さんに来ないで欲しいような矛盾した気持ちがありました。
2ヶ月くらい経った頃、いやと言っていられないくらいにお客様が来てくださるようになって、もうやんなきゃしょうがない、という状況を乗り越えてから自信がつきました。
住宅街の小道を入ったわかりにくいところなのですが、 口コミで知っていただいて、今ではたくさんの飼い主さんとワンちゃんが来てくださるようになっています。
お店では里親探し前の、保健所から毎週連れられてくる子のシャンプーやカットも引き受けています。
人生は大きく変わったけれど、昔から私を知る友だちは、あなたらしいねと言ってくれるの が不思議です。

ドッグハウス マーデヤンス

東京都世田谷区用賀3-4-1
03-6323-1115

営業時間 9:00~/不定休
田園都市線桜新町駅より徒歩8分
田園都市線用賀駅より徒歩10分

HP http://madeyangs.com
FB https://www.facebook.com/mayuminami

動物取扱業登録番号 第002698号

これからトリマーになりたい方へのスクール説明会でアドバイス。

一人ひとりの卒業後の夢がちがうから夢の具体化のお手伝いをしております。

次回のスクール説明会は、

4月26日(土)横浜戸塚校
5月3日(水)東京校

です。お待ちしております。

※スクール説明会へのご参加は、18歳以上が対象となります。予めご了承ください。

スクール説明会は、青山ケンネルスクール東京校(東急田園都市線 池尻大橋駅)と青山ケンネルスクール横浜戸塚校(東海道本線 戸塚駅)で行っております。
「日時を相談する」で個別相談できます。メールや電話、line@でもご相談は可能ですよ。
体験セミナー(1時間程度)に参加する場合にはチェックをしてください。尚、授業風景をご覧いただきながら行いますので、ご希望の方は[11:00の部][13:00の部]にご参加ください。
説明会では、お一人お一人に合わせたご説明を行なっております。事前に案内書資料をご覧いただいておりますと、より詳しいご相談ができますのでオススメです。