人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第3弾】

2000年当時の青山ケンネルスクール

人気犬種のブレイクした秘密に迫る!?【第3弾】

先日「日本で人気の犬種ランキング発表!!」で、ジャパンケンネルクラブ(JKC)が公開する2015年の犬籍登録頭数統計を紹介しました。今回は、今でこそ人気犬種となったTOP10の過去に注目。ミレニアムにあたる15年前の公開データを元に、愛されてきた理由を紐解いてみたいと思います。四半世紀にわたって移り変わってきた犬種達の魅力とは!?
それでは、「人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第2弾】 」の続きをどうぞ!

ポメラニアン −POMERANIAN−

ビクトリア女王がこよなく愛した犬種ポメラニアン。最近は大手電気通信会社のCMでも起用され、更なる人気を予感させていますね。柴犬カットなどトリミングも多彩な犬種の人気はいつから!?

第9位(2000年) →第4位 (2015年 ) 5ランクUP!

不動のTOP3に追随する勢い。様々な毛色も人気の理由です!ぬいぐるみのような見た目の可愛らしさに加え、足先と顔の毛が伸びないことでお手入れのしやすさも人気の理由のひとつです。

ダックスフンド(カニーンヘン・ミニチュア・スタンダード) −DACHSHUND−

サイズ、毛色ともに豊富なバラエティが特徴のダックスフンドは、日本における代表的な人気犬種です。猟犬ですが、とても友好的な性格なため非常に飼いやすく、いまでは多くの家庭で飼われています。記憶にも新しいダックスフンドの順位とは!?

第1位(2000年) →第3位 (2015年 ) 2ランクDOWN!

実はもともと胴長の容姿は日本人向きではなく、あまり人気がなかったダックスフンド。一方で海外では大人気でした。そのような中、ロングヘアーのダックスフンドが国内に。そこからダックスブームが始まりました。

チワワ −CHIHUAHUA−

犬の中で、最小サイズの犬種といえばチワワ。メキシコ原産のチワワは”手の保温”としても重宝されていたとか。極小サイズなため、”多頭飼い”の火付け役にもなった犬種の順位は!?

第3位(2000年) →第2位 (2015年 ) 1ランクUP!

チワワ人気で思い浮かぶのがチワワのくぅ~ちゃん。某CMで有名になりました。ダックスフンドと同じく、ロングコートのチワワの登場が人気のきっかけでした。しかしながら、CM以前にも既に人気爆発だったんですね!

初回の記事を見逃したかたはコチラ↓↓↓

人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第1弾】

前回の記事を見逃したかたはコチラ↓↓↓

人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第2弾】

これからトリマーになりたい方へのスクール説明会でアドバイス。

一人ひとりの卒業後の夢がちがうから夢の具体化のお手伝いをしております。

次回のスクール説明会は、

4月26日(土)横浜戸塚校
5月3日(水)東京校

です。お待ちしております。

※スクール説明会へのご参加は、18歳以上が対象となります。予めご了承ください。

スクール説明会は、青山ケンネルスクール東京校(東急田園都市線 池尻大橋駅)と青山ケンネルスクール横浜戸塚校(東海道本線 戸塚駅)で行っております。
「日時を相談する」で個別相談できます。メールや電話、line@でもご相談は可能ですよ。
体験セミナー(1時間程度)に参加する場合にはチェックをしてください。尚、授業風景をご覧いただきながら行いますので、ご希望の方は[11:00の部][13:00の部]にご参加ください。
説明会では、お一人お一人に合わせたご説明を行なっております。事前に案内書資料をご覧いただいておりますと、より詳しいご相談ができますのでオススメです。