人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第2弾】

2000年当時の青山ケンネルスクール

人気犬種のブレイクした秘密に迫る!?【第2弾】

先日「日本で人気の犬種ランキング発表!!」で、ジャパンケンネルクラブ(JKC)が公開する2015年の犬籍登録頭数統計を紹介しました。今回は、今でこそ人気犬種となったTOP10の過去に注目。ミレニアムにあたる15年前の公開データを元に、愛されてきた理由を紐解いてみたいと思います。四半世紀にわたって移り変わってきた犬種達の魅力とは!?
それでは、「人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第1弾】 」の続きをどうぞ!

シー・ズー −SHIH TZU−

常にマルチーズと上下のランクに位置していたのが、おなじみのシー・ズー。温厚な性格はおじいちゃんやおばあちゃんにも大人気です。その根強い人気はいつからだったのか!?

第2位(2000年) →第7位 (2015年 ) 5ランクDOWN!

以前は首位にまで登りつめる勢いだったシー・ズー!抱き犬として当時人気だったマルチーズ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、シェットランド・シープドッグに比べ、マズル(口吻)が短いことで吠え声が低く気にならないなど、おとなしく飼いやすかったことがきっかけとなり、万人受けしたことが大きな理由でした。

ヨークシャー・テリア −YORKSHIRE TERRIER−

テリア犬種ながらも、小型で飼いやすいため、色々な家庭で愛されてきた犬種です。2014年までは第5位と上位5犬種にも含まれていました。”動く宝石”とも呼ばれ世界中で人気の犬種の過去とは!?

第6位(2000年) →第6位 (2015年 )

プードルの賢さとはまた違った魅力で頭が良いとされるこの犬種は、以前から不動の人気でした。頭の良さに加え、独特の仕草は飼っている人を飽きさせないため、ヨーキーだけを飼い続ける人も少なくありませんでした。また、毛の抜けないシングルコートの毛質も好まれる理由の1つでした。

柴 −SHIBA−

海外において日本犬ブームの火付け役となった秋田犬。それよりも小型で室内でも飼いやすいサイズだったのが柴犬です。では、ここまでの人気はいつからだったのでしょう??

第12位(2000年) →第5位 (2015年 ) 7ランクUP!

この頃、アメリカンケネルクラブに公認された柴犬。世界から注目を浴びました。それまで、日本犬といえば外飼いがほとんどでしたが、洋犬が日本に来てからは室内犬が増加。日本家屋も移り変わり、洋室フローリングが増えたことで、柴犬が畳を掘り返すといった行動への心配もなくなったことで、室内で柴犬を飼う文化が定着していきました。

前回の記事を見逃したかたはコチラ↓↓↓

人気犬種のブレイクした過去に迫る!?【第1弾】

これからトリマーになりたい方へのスクール説明会でアドバイス。

一人ひとりの卒業後の夢がちがうから夢の具体化のお手伝いをしております。

次回のスクール説明会は、

4月26日(土)横浜戸塚校
5月3日(水)東京校

です。お待ちしております。

※スクール説明会へのご参加は、18歳以上が対象となります。予めご了承ください。

スクール説明会は、青山ケンネルスクール東京校(東急田園都市線 池尻大橋駅)と青山ケンネルスクール横浜戸塚校(東海道本線 戸塚駅)で行っております。
「日時を相談する」で個別相談できます。メールや電話、line@でもご相談は可能ですよ。
体験セミナー(1時間程度)に参加する場合にはチェックをしてください。尚、授業風景をご覧いただきながら行いますので、ご希望の方は[11:00の部][13:00の部]にご参加ください。
説明会では、お一人お一人に合わせたご説明を行なっております。事前に案内書資料をご覧いただいておりますと、より詳しいご相談ができますのでオススメです。