buelco

人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身し躍進する元OL

人生の転機を考えて3年目の節目からトリマーへ転身

青山ケンネルスクール在校生ご紹介blogにて、「理系女子・人生の転機に惑わされない、ずっと続けられる仕事は何か。」で現在の職業から身近な動物業のトリマーへ転身された岩窪さん(旧姓:有江さん)のその後を追いかけました。

(さらに…)

Read More
trimming

人の美容師から犬の美容師へ

人の美容師から犬の美容師へ

自分のお店を持つ。

兼ねてからの夢を実現させるために集中制のドッグビジネス科に通われている藤田美紀さん。

以前は美容師をしており、“人”を相手にメイクアップしたり、髪の毛のお手入れをしていました。

“人”の美容師から“犬”の美容師を目指したきっかけはスクールのシャンプー体験に参加したことでした。 (さらに…)

Read More
trimming

いくつになっても、新しい事を

59歳からトリマーに

東京校の集中制ドッグビジネス科に通う秋山 裕邦さんは、今年で60歳を迎えます。30年勤めた不動産業を退職し、59歳で青山ケンネルスクールに通い始めました。

「妻が定年退職したら一緒に何かやろう」という話になり、元々トリミングに興味があったという秋山さんが選んだのが、

「トリマー」という仕事でした。

(さらに…)

Read More
trimming

今やりたいことは何か -たどり着いたトリマーへの道-

大学生かトリマーか

フリータイム制で週2日通われている米山彩季さん(25)は、週5日フルタイムで美容サロンの受付業務をしています。

現在、授業を開始してから約10ヶ月。B級の実技試験を目前に控えています。
幼少期からずっと犬が好きでミニチュアダックスフンドプードルを飼っていました。
そしてその頃から、トリマーはずっとあこがれの仕事でした。
「トリマーになりたい!」
周りの友人にも宣言していた米山さんですが、いざ進学の時期となると葛藤がありました。
「トリマーになりたい。でも大学にも行ってみたい。」
都内の2年制のトリミングを学ぶ専門学校も検討していたそうですが、
「トリマーは続かないからめたほうがいい」
「大学にも行ったら?」
などと、周囲の意見がありました。そして米山さん自身も、大学に魅力を感じ、中国語を専攻する学科の大学へ進学しました。 (さらに…)

Read More
プードルカット中

好きなことをしている今が、人生で一番楽しいです

好きなことを仕事にしたい

青山ケンネルスクールの総合制に在学中の菊池さんのご紹介です。

子どもの頃からずっと犬に囲まれて育ってきた菊池さん。しかしその当時、犬は外で飼うのが当たり前で室内犬を飼うことが夢でした。そして大人になり、現在は3頭の愛犬と暮らしています。

(さらに…)

Read More

趣味から開業へ

犬塾からトリマーへ転身

立川さんは物心ついた頃から犬を飼っていました。子供の頃から犬が好きで犬と遊び、犬がいるのが当たり前な環境で育ちました。

 

大人になっても変わらずトイプードルと暮らしていたのですが、いつも愛犬をトリミングしてもらっていた近所のトリマーさんが転勤になってしまったのを機に自分で犬をカットしてみようと思い犬塾に通い始めました。

 

犬塾のカットコースに入塾し、愛犬の爪切りや耳掃除などのお手入れの方法や、カットの方法を学びました。はじめは上手くできなかったことが多かったのですが、だんだんと自分で出来る楽しさや面白さが出てきました。

 

入塾後、一年近く経った頃、長年勤めていた個人書店が閉店になってしまい、転職を考えてました。
また、自宅の介護が落ちついて時間が出来ました。
自分でトリミングをしてみたい、何か手に職があればと思っていたこともあり、犬塾の1階に併設されたトリミングスクールに興味を持ちました。

 

スクールに通える条件と時間が揃い、最終的には先生の「スクールでトリマーやってみたらどうか」の一言でトリマーの道へ本格的に歩み始めました。

 

「趣味で気軽に始めたのがきっかけだったのですが偶然が重なりトリマーになる流れが出来ました。流れに身を任せるような感覚でした。」

 

(さらに…)

Read More

50歳までは、好きなことをやろうと決めた。

50歳までは、好きなことをやろうと決めた。

「少しでも興味のある事はなんでもやってみたい。

小さい頃から犬が好きで、興味のあったトリマーになるために、学校に通おうと決めたのです。」

そう話してくれた秋山 玲子さんは、現在、東京校の集中制ドッグビジネスに通われています。

 

短大を卒業後、銀行に勤め、

結婚を期に10年以上勤めた銀行を退職しました。

転職先として、子供が好きなことから、昔から憧れていた保育士の資格を取り保育士になりました。

とにかく好奇心旺盛で、海が好きで、スキューバダイビングの資格も取りました。

少しでも興味が有ることはなんでもやってみたい。

しかし、家庭の事情で10年以上勤めた保育士という仕事をやめざるを得なくなり、秋山さんが次に選んだのが「犬に関わる仕事」でした。 (さらに…)

Read More
sawa2

仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由でもご紹介した、仕事をしながらトリマーの資格を目指すことが出来るフリータイム制は、実技授業の時間分をチケットにて納めます。また、通える日数も週1日から可能。仕事がお休みの時、空いている日がある時に、予約制にて受け付けています。
横浜戸塚校に通う、石井さん(25)も仕事の休みを利用して週1日通っています。
小さい頃から動物が好きで、犬を飼いたい時期があったのですが、その時期を逃していた所、4年ほど前にトイプードルが家族の一員になったことから
奮起して資格を目指す事になりました。

(さらに…)

Read More

青山ケンネルスクール卒業生には開業者が多いのはなぜか?

「なぜ、青山ケンネルスクールの卒業生は開業する方が多いのですか?」

「なぜ、青山ケンネルスクールの卒業生は開業する方が多いのですか?」と、学校説明会にご参加下さった方々から、多く質問されます。青山ケンネルスクールを卒業と同時に「開業」ができるのは、なぜなのか、、、今日は、青山ケンネルスクールの開業に向けたカリキュラムについてご紹介して行きましょう。

(さらに…)

Read More

入学随時だから、トリマーになるために入学を決めた理由 第2話

最短で卒業を目指す人。知識の向上も目指す人。

スタートからゴールまで明確に出来るコースが集中制。いつでも入学出来る入学随時はフリータイム制同様、こちらのコースも同じです。
集中制の中でも<トリミング科とドッグビジネス科>の2つコースがあり、ライフスタイルに合わせた通学日数を決めて頂きます。授業開始日から数えて修了日が決まるので将来のビジョンも明確に決めることが出来るのです。
集中制トリミング科の場合、フリータイム制のカリキュラムと同様に進めていくのですが、授業時間を気にすることなく実技を行えるので日によっては2頭行う場合があり、講義もスクール側からのスケジュールを見て通うだけですので気兼ねなく通学出来ます。
通学日数については、ライフスタイルに合わせて週3日と週4日通える方を対象にしており、週3日通学で8ヶ月、週4日通学で6ヶ月で卒業が出来ます。
集中制ドッグビジネス科の場合も上記トリミング科と同じカリキュラムで進めていきますが、その中でも卒業生や開業されたオーナーさんの声から生まれたビジネスオプションを含まれており、その分トリミング科よりも修了日数がかかります。週3日通学で10ヶ月、週4日通学で8ヶ月で卒業が出来ます。
集中制のメリットは毎日のように授業に参加しますので技術の進歩がとても早いのが特徴と将来のビジョンが明確になることで、就職する場合の最大の武器になります。

(さらに…)

Read More