Get Social With Us

アシスタントディレクターからトリマーを目指す20才女性の再挑戦!

アシスタントディレクターからトリマーを目指す20才女性の再挑戦!

青山ケンネルスクール東京校の総合制トリミング科に通う青野はるなさん(20)のご紹介です。大学進学後、部活動中心の生活に気付き働くことを決めた青野さん。初めて選んだ職業はAD(アシスタントディレクター)でした。

企画書の打ち込み、映像処理などPC作業に強くなった一方で、休みもなく職場に泊まり込んだり、突然地方に行くなど時間に追われる毎日でした。充実はしていたものの、あまりの忙しさに自分の時間がほしいと思うようになりました。退職してからは実家で飼っていたミニチュアシュナウザーのノアちゃんに癒され、将来について今一度考え直す機会を得ました。「資格を取って仕事ができたら良いな」ふと中学生の時の職場体験を思い出しました。トリマーという仕事を2日間体験し、とても楽しかった思い出です。親の賛同も得て、動物園もやっている学校など様々な所に資料請求しました。その中で1番近くて通いやすいこと、社会人向けであること、主婦が多かったり様々な年齢の方が通っていること、そして何より1人1頭仕上げという点で青山ケンネルスクールを選ばれたそうです。早速説明会に参加し、専門学校に通ったけど青山ケンネルスクールに通い直した人もいるという話を聞いて、はじめからここに通おうと決めたそうです。

トリミングの技術と知識を身に付け 自分の犬をお手入れできる喜び!

青野さんが選ばれた総合制は、1年間じっくり技術、知識、経験を身につけ、開業を目標としたスクールで学べる全ての事が履修科目となっているコースです。入学して約半年。実際に通ってみて1人1頭仕上げは大変だけど、勉強になると話す青野さん。働きながら通っている友達から現場の生の声が聞けたり、店舗実習でトリミングやポップ作りなど実践に役立つことを教えてくれたり、実際に働いている人から気軽に聞けるのが良いとのことです。実技を進めていく中で、バリカンを使えるようになったら実家の愛犬のお手入れ、カットが出来るようになった青野さんは、今では月に1回実家でトリミングしているそうです。そんな娘さんの姿を見て、お母さんもトリミングに関心を持ち、毛玉にならないように積極的にブラッシングをしてくれるそうです。技術を身につけ、家族で愛犬のお手入れが出来るのは素晴らしいことですね。

トリミングスクール卒業後の夢 大型犬もウェルカムなお店を開業すること

卒業後、ゆくゆくは独立を目指したいと語る青野さん。それまでに貯金をして経験も積みたいとお考えです。動物病院、トリミングサロン両方の経験を積んでから独立を目指すそうです。お客様が安心して任せられる、そんなお店を都内で開業するのが夢とのこと。敬遠されがちな大型犬もウェルカムなお店、日預かりや、店名は愛犬の名前を付けたいなど、具体的なビジョンを描いていらっしゃいます。

そのような素敵な夢を叶えるお手伝いが出来ればと私たちスタッフは考えます。技術を身につけて、自分の夢を叶えてみませんか?

次回のスクール説明会は、

2018年10月19日(金)東京校
2018年10月21日(日)横浜戸塚校

です。お待ちしております。

スクール説明会は、青山ケンネルスクール東京校(東急田園都市線 池尻大橋駅)と青山ケンネルスクール横浜戸塚校(東海道本線 戸塚駅)で行っております。
「日時を相談する」で個別相談できます。メールや電話、line@でもご相談は可能ですよ。
体験セミナー(1時間程度)に参加する場合にはチェックをしてください。尚、授業風景をご覧いただきながら行いますので、ご希望の方は[11:00の部][13:00の部]にご参加ください。
説明会では、お一人お一人に合わせたご説明を行なっております。事前に案内書資料をご覧いただいておりますと、より詳しいご相談ができますのでオススメです。